【涼しげな写真シリーズ】かき氷とビール

saved_file1531781663457.jpg
◆【涼しげな写真シリーズ】かき氷とビール

暑い暑い日々が続きます。
休日に出かけた長男が出先から涼しげな写真を送ってきた。
かき氷を食べたらしい・・。
写真を見た瞬間には、ビールをかけ回した?かと
思ったわけですが、どうやらそうではなくって、
ビールも飲んで、かき氷も食べた、ようです。

☆撮影日:2018年7月16日(月)・・・埼玉県秩父郡
スポンサーサイト

まつばぼたん ほか 花火など

mini_11_matuba_20180716_080216.jpg
◆まつばぼたん

朝から、暑い!
真夏のベランダに花は少ない・・。
マツバボタンが少し咲いてる。
これはホームセンタでことし苗を買ったもの。
花が終わった鰐には銀色の種が光ってる・・。


mini_12_matuba_20180716_080234.jpg
◆まつばぼたん

そうそう、今年は、去年の種を蒔いた株も育ってる・・。
やっと、今日、一凛、いや一輪、ピンクの花が咲いた。
先祖返りか?原種?のピンクしか咲かないのか??
もうひとつ、株があるので、花が咲くのを待って色を確認したい・・。


mini_13_itigo_20180716_080249.jpg
◆いちご

真夏は、花の付きが悪い、イチゴ(四季成り種)。
それでも、キレイに咲いたので、7月のイチゴの花として、
記録しておこう!



mini_14_tomato_20180716_080330.jpg
◆とまと
中玉種のトマト、なかなか上手いこと、収穫に至らない・・。
今年の状況をちゃんと記録しておこう!!



mini_15_hanabi_20180715_200803.jpg
◆昨日の夜、南の空に、遠く花火。

そうそう、昨夜の花火の写真も載せねば・・。
南の方角、八柱霊園の森が少し途切れる場所に、
鉄塔が見える。あれは、市立松戸高校のグランドあたり。
その延長線上に花火が見える。夜の8時過ぎ。
ネットで花火大会情報を調べるも、船橋、市川では花火大会なし。
千葉マリンスタジアムは少し方角が違う。
横浜市中区では花火大会を開催しているらしい・・。
ヲレんちから、横浜まで見えるのかな~^^凄!

☆撮影日:2018年7月15日~16日・・・千葉県松戸市

【暑苦しい虫の写真】・・・その4(ホシホウジャク オオスカシバ)

mini_2281_hosihoujaku_PA026739.jpg
◆ホシホウジャク スズメガ科
Wikipedia先生によれば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ホシホウジャク(星蜂雀、学名: Macroglossum pyrrhosticta)は、チョウ目スズメガ科の昆虫。ガの一種。
成虫は、全体にこげ茶色だが、後翅のみ黄褐色で、飛んでいるとよく目立つ。翅を閉じて静止すると、茶色のグラデーションが鮮やかに見える。ハチに擬態しているとされる。
初夏から晩秋まで発生を繰り返し、市街地でもよく見られる。
成虫は、アベリア、コスモス、ラベンダーなどに訪花し、ホバリングしながら、花から花へ蜜を吸って回る。飛行時は脚をたたむ。
幼虫の食草はヘクソカズラ(アカネ科)。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

虫の写真を見直していて、この蛾、オオスカシバに似ているとだけ記して、「ホシホウジャク」と特定していないことに気づきました。あらためて、オオスカシバと一緒にまとめて載せておきます。
こりゃ、2年前の10月、夢の島植物園の温室前のランタナの植え込みで発見、撮影したものです。オオスカシバが夏に多いのに対して、秋の発生なんですな・・。さらに、幼虫の食草がヘクソカズラってのが興味深い・・。



mini_2282_hosihoujaku_PA026750.jpg
◆ホシホウジャク スズメガ科



mini_2283_hosihoujaku_PA026742.jpg
◆ホシホウジャク スズメガ科



mini_2285_oosukasiba_DSCF7506.jpg
◆オオスカシバ スズメガ科
Wikipedia先生によれば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
オオスカシバ(大透翅、学名:Cephonodes hylas)は、チョウ目スズメガ科の昆虫。ガの一種。和名のとおり、翅が透明なガで、夏の日中によく活動する。
成虫は年に1 - 2回、夏に発生する。スズメガの多くは夜に活動するが、オオスカシバは昼に活動するので人の目につきやすい。様々な花を訪れ、ホバリングしながら蜜を吸う。ただし、オオスカシバの口吻は2 cmほどで、それ以上深い構造をもつ花からは蜜を吸うことができない。羽音を立てながら花にやってくる上、透明な翅と胴の模様から大きなハチに間違われることもあり、ベイツ型擬態の例として紹介されることも多い。
幼虫はクチナシを食草としていて、都市部でも見る機会が多い。食草のクチナシはあまり大きい木ではないので、幼虫の数によっては葉が食べられて丸坊主になってしまうこともある。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



mini_2284_sukasiba_P5291093.jpg
◆オオスカシバ スズメガ科

クチナシの木は、花もキレイだけど、葉っぱの緑もキレイ。
虫に食われることも半端ない。むしろ虫に食われていない個体が珍しい・・。
こんどは、クチナシの観察時には、オオスカシバの幼虫を意識して写真を撮ろう
と存じます^^

☆撮影日:2011年2014年2016年・・・神戸市長田区、東京都江東区

涼しげな虫の写真・・・シジミチョウ編その3

mini_3351_uranamisijimi_PA026620.jpg
◆ウラナミシジミ
ウラナミシジミ(裏波小灰蝶、Lampides boeticus)は、チョウ目シジミチョウ科ヒメシジミ亜科に分類されるチョウの一種。アフリカ、ユーラシア大陸、オーストラリアまで広く分布するシジミチョウで、日本では秋に各地で見られる。
日当たりの良い草原に生息する。幼虫はエンドウ、アズキ、クズなど、野菜・山野草を問わずマメ科植物を幅広く食べる。(出典:Wikipedia)



mini_3352_kiitorakkyou_DSCF2637.jpg
◆ウラナミシジミ



mini_3353_yamatosijimi_P8300702.jpg
◆ヤマトシジミ
ヤマトシジミ(大和小灰蝶、大和蜆蝶・学名:Zizeeria maha[1][2][3][4]、シノニム:Pseudozizeeria maha)はチョウ目・シジミチョウ科・ヒメシジミ亜科のチョウ一種。前翅長は9-16mmほどで小型。日本には本州以南に分布する。
生息場所:幼虫の食草であるカタバミが多くみられる平地の道端や耕作地周辺に生息し、人家周辺でよく見られる。日当たりのよい場所にカタバミさえあればほとんどどこでも発生するが、成虫は移動力に劣るため、食草の少ない山地などではあまり見られない。(出典:Wikipedia)



mini_3354_yamatosijimi_DSCF8053.jpg
◆ヤマトシジミ



mini_3355_tsubame_sijimi_P8128410.jpg
◆ツバメシジミ
ツバメシジミ(燕小灰蝶、学名 Everes argiades)は、チョウ目シジミチョウ科に属するチョウの一種。名前の由来は後翅にある尾状突起にちなんでいる。
前翅長は9-19mm。翅の表面はオスが青紫色、メスが黒色で、裏面は灰色がかった白色で、後翅には橙色の紋を持つ。
平地の草原や公園などで見られる。幼虫で越冬し、年4-5回発生。成虫は3-10月にかけて観察できる。
幼虫の草食はシロツメクサやカラスノエンドウなどのマメ科の植物である。(出典:Wikipedia)


=====================
  涼しげな虫の写真・・・シジミチョウ編その3
=====================
たいして涼しい写真ではないものの、なんとなく、
虫虫写真アーカイブの中に、シジミチョウの目立つ処があったので、
まとめて掲載。
チョウの生態で興味のあるところは、食草。
どういう葉っぱのあるところに、どういうチョウが飛ぶか・・。
とはいえ、まだまだ分からないことだらけ。
オスとメスでデザインが違うのはわかるとして、
春と夏で装いが変わる種なんて、なんなのか!

あとから写真を見るときも、どの季節に撮ったのかも
ちゃんとわかるようにしておかないとならぬと
あらためて思います・・。

☆撮影日:2009年~2017年・・・兵庫県・千葉県など

涼しげな獣たちの写真(ぞう・くま・かめ)・・・その ver. 2.1

mini_9911_oz_P4036563.jpg
◆ぞう


mini_9912_kuma_PC153242.jpg
◆くま


mini_9913_kuma_PC153243.jpg
◆くま



mini_9914_kame_PA091280.jpg
◆かめ

涼しげな獣たちの写真。ver. 2.1
ぞう・くま・かめ、などの写真。

暑すぎて、載せ方がかなり雑だ・・。
再掲写真に頼るのは仕方ないにしても、
虫の写真シリーズだったはずなのに、
いきなり獣たちにカテゴリー変更。

しかも、文章が、なってない・・。
せめて、インドゾウ、ホッキョクグマ、アカウミガメ、とか
フルネームで載せなきゃ駄目だな・・。
(写真にテロップとか入れた方がよかったかな?)

☆撮影日:2017年~2018年・・・埼玉県、東京都、神奈川県など
プロフィール

kurozowosan

Author:kurozowosan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
くろさんカウンタ
現在のアクセス
現在の閲覧者数:
時計
リラックマ時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード