FC2ブログ

鳥政・ホルモン焼き

mini_2251_tutiyu_PA282036.jpg
◆土湯峠
会津からは、一般道を使い、土湯峠を越えて、
福島市へ入りました。
「道の駅・つちゆ」でトイレ休憩。


mini_2252_bijutukan_20171028_111209.jpg
◆福島県立美術館
福島駅に11時に到着し、
仙台から参加のお友達をピックアップ。
スケジュールが順調だったこともあって、
母校のあった場所にも少し訪問。
友人いわく「ここで勉強したなあ~^^」
すかさず別の友人は「勉強?したか~?」の突っ込み。
まあ、勉強よりは「よく遊び、よく遊び!」でした^^


mini_2253_torimasa_PA282061.jpg
◆鳥政まえ
ランチは、あらかじめ鳥政と決めてありました。
40年前にも営業していた懐かしいお店です。
中心市街地空洞化ってことで、店のまえはガランとしてますが・・、
店内は、同じ発想の同窓生で、まだ12時前でしたが、
数十人のお客様(じい様たち)でごった返してました^^。


mini_2254_holmon_PA282049.jpg
◆鳥政・ホルモン焼き
4人前を目の前の鉄板で炒めて、
どんぶりご飯に盛り付けていただきます。
白みそ漬けのホルモンを、キャベツ、ニラ、もやし、
野菜と一緒に炒めます。
ホルモンは脂をそいだ小腸(こてっちゃん)でしょう^^


mini_2255_horumon_PA282059.jpg
◆鳥政・ホルモン焼き
餃子はシェアして0.5人前を。
ありゃ?餃子の写真は撮ってませんでした^^
ビールも大びん0.5本分、十分でございます^^

美味しゅうございました^^
ごちそうさまでございます^^

☆撮影日:2017年10月28日(日)・・・福島市
スポンサーサイト

御所柿 南郷トマト ほか 

mini_71_banda_20171028_071023.jpg
◆会津磐梯山に笠雲
28日(日)朝、ホテルから磐梯山を望む。
かさ雲がかかっていますね・・。

mini_72_banda_20171028_094114.jpg
◆会津磐梯山に笠雲
会津若松市から湯川村へ向かいます。
会津磐梯山の景色は見る角度で形が違います。

mini_73_gosyo_20171028_085207.jpg
◆御所柿
湯川村のお友達の家に立ち寄り、
美味しいコーヒーと御所柿をいただく。
(奥様が淹れてくださいました。)
雑誌に紹介された記事や新聞など寫眞に取りながら、
もりもり美味しい御所カキも頬張ります^^

mini_74_gosyo_20171030_073548.jpg
◆御所柿
お土産にもいただきました。
(エンピロさんから手もぎの柿いただきました)

mini_75_nango_20171030_073712.jpg
◆南郷トマト
会津の秋の味覚といえば、南郷トマト。
(ダキさんからいたダキました。)
晩秋のトマト。皮も柔らかく、味もしっかり、栄養もバッチリ。

美味しゅうございました。
ごちそうさまでございます。

☆撮影日:2017年10月28日(日)・・・福島県湯川村ほか

会津若松市・市役所近傍にて、あんかけ焼きそば ほか

mini_61_siyaksyo_20171027_181838.jpg
◆会津若松市・市役所
会津若松市の市役所本庁舎のあたり、まだ18時18分過ぎ、
夜のとばりがおりて、すでに真っ暗です^^

mini_62_kurukuru_20171027_182055.jpg
◆くるくる軒
市役所近くの中華屋さんで腹ごしらえです。
ここは、何年か前にも来ています。

mini_64_gyoza_20171027_182619.jpg
◆餃子
餃子で一杯!発泡酒??
いえいえいえいえ、ヲレはもちろん、
ビールをいただきましたよ^^

mini_65_ankake_20171027_183705.jpg
◆あんかけ焼きそば
おつまみ代わりに、あんかけ焼きそば。
27日(金)の晩御飯でございます。
美味しゅうございました。
ごちそうさまでございます。

☆撮影日:2017年10月27日(金)・・・福島県会津若松市

会津若松市 七日町から上町まで

mini_61_matinami_PA272003.jpg
mini_62_matinaka_PA272012.jpg
mini_63_matinaka_PA272015.jpg
mini_64_matinaka_PA272018.jpg
mini_65_matinaka_PA272020.jpg
◆会津若松市 七日町から上町まで

街並み寫眞はもう少しあります。
日が傾いた午後の時間帯でございますので、
どうしても日当たりのよい方角の写真ばかりでございます。
知ってる人のは、どういう道筋で宿のある上町にたどり着いたか
わかってしまう写真群でございます。
土地柄、酒屋さんであったり、居酒屋さんであったり、
わずか数枚の写真の中にもお酒に関係する写真が多い気がします。

☆撮影日:2017年10月27日(金)・・・福島県会津若松市

七日町通り 近傍を散策

mini_31_kaeigura_PA272000.jpg
mini_32_nanokamati_PA271983.jpg
mini_33_nanokamati_PA271985.jpg
mini_34_nanokamati_PA271989.jpg
mini_35_nanokamati_PA271993.jpg

◆七日町通り 近傍を散策

喜多方市から会津若松市にドライブしながら戻り、
七日町近傍を散策。もう少し正確に言えば、
七日町駅あたりから宿泊先のホテルのある上町あたりまで、
ゆっくり歩いていきましょうか、って感じで。
道のわきの商店街の風情溢れる古い街並みを少し写真などに撮った次第。
途中、末廣酒造・嘉永蔵を見学・カフェしたり、
野口英世博士、吉田松陰先生などが歩いた場所で蘊蓄を読んだり、
ハラが減るはずが、けっこう、おなか一杯になって、ホテルへ。
チェックインのそのあとは夕刻のひと眠りに尽きました。
27日(金)のお話でございます^^

☆撮影日:2017年10月27日(金)・・・福島県会津若松イ市

喜多方ラーメン「来夢」 & 新宮熊野神社「長床」

mini_51_raimu_PA271979.jpg
◆喜多方ラーメン 来夢


mini_52_ityou_PA271970.jpg
◆新宮熊野神社 大イチョウ


mini_53_ityou_PA271960.jpg
◆新宮熊野神社 大イチョウ



mini_54_huki_PA271964.jpg
◆新宮熊野神社 長床


mini_55_monju_PA271972.jpg
◆新宮熊野神社 文殊堂

新宮熊野神社「長床」の周辺写真、
載せきれませんでしたので、
喜多方ラーメンとともに、載せなおし致します。
大イチョウの緑、きれいでしたよ。
おそらく、近年植えた、スギなどの周りの木々が成長し、
イチョウの葉っぱへ、太陽の日差しが当たりにくくあっているのが、
黄葉の時季にも影響を与えているのかと存じます。

☆撮影日:2017年10月27日(金)・・・福島県喜多方市

喜多方市 新宮熊野神社 長床(国指定重要文化財)

mini_11_kitakata_PA271952.jpg
◆喜多方駅
旅の始まりは、喜多方駅
金曜11時30分、お友達と待ち合わせ。
営業で外まわり中のお友達に「焼肉ランチ」に連れて行ってもらうはずが、
あいにく「臨時休業」・・、残念。ふつうにラーメンを食べて、
会津若松に戻る途中、プチ観光。


mini_12_kumano_PA271956.jpg
◆新宮熊野神社 大鳥居
喜多方の観光スポット「長床」へ行こう、ってことで、
何にも分からずに同行。最初は地名かと思ったら、
重文の建物の名称だとわかった・・。


mini_13_keyaki_PA271954.jpg
◆新宮熊野神社 大ケヤキ
「春待ちケヤキ」
幹回りは太い(約5m?)が、樹冠の方は、かなり傷んでいる。
ケヤキはふつうに成長が早いので、ここまで古いもにはなかなかお目にかからない・。
(と言いつつ、今年は新田金山城でも大ケヤキを見てる・・)
紅葉には、まだ早い。むしろ春待ちの名の通り、新緑の時季の方がいいのかもしれない。


mini_14_nagatoko_PA271968.jpg
◆新宮熊野神社 長床 大イチョウ
大イチョウの説明板には、
イチョウは、かつて中国から日本に渡来したとされ、この大イチョウは神社創設の際に植えられたものと口伝されている。樹高は約37m、幹周りは約8mで、全国でも最大級のイチョウである樹齢は800年以上ともいわれ、当社の神木となっている。

観光パンフにも多数紹介されていて、黄色くなる季節には、多くの人出のようである。
ちょっと、早かった・・。


mini_15_nagatoko_PA271963.jpg
◆新宮熊野神社 長床(拝殿)
Wikipedia先生によれば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
寄棟造、茅葺、正面9間、側面4間。建立年代は不明であるが、形式・技法から平安時代末期から鎌倉時代初期には拝殿として建立されたと思われる。その後、慶長16年(1611年)に大地震で倒壊し、同19年(1614年)に旧材を用いて再建されたが、かつてのものよりも一回り小さいものとなってしまった。その後、昭和38年(1963年)に国の重要文化財に指定され、同46年(1971年)~49年(1974年)にかけて解体修理復元工事が行われて、かつての姿に復元された。長床の平面は、間口27m・奥行12mの長方形で、直径1尺5寸(45.4cm)の円柱44本が10尺(3.03m)の間隔で10列×5列に並び、柱間はすべて吹き抜けで壁がない。柱上には平三斗(ひらみつと)の組物が置かれ、中備(なかぞなえ)には間斗束(けんとづか)が用いられているなど純然たる和様建築である。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「寝殿造りの形式をふんでいる」とのこと。なかなかの圧巻。
大イチョウの黄葉の時季に合わせるのは難しいのかもしれないが、
一度は見てみたい風景なんだろうなぁ・・。

☆撮影日:2017年10月27日(金)・・・福島県喜多方市

福島県浪江町 請戸港の様子

mini_21_namie_PA292103.jpg

◆請戸港 展望台
金曜から日曜にかけて福島県を旅した。
メインの目的は、同窓会に参加だったが、加えて
翌日の被災地応援ツアーにも参加させてもらえた。
なかなか機会もなく、先延ばしになっていたが、
今回、実際に現地を見ることができた。
津波、そして原発事故、結果、何もない誰もいない街を見た。
道中の三春町や、飯舘村、福島市で、具体的な話を聞くこともできた。

mini_23_hune_PA292096.jpg

◆請戸港 展望台
荒天のためだったのか、展望台は上階には登れず、
地上からの見学。
案内の方からは、雨も強いし、バスの中からでも済ませましょうか、
との話もあったが、見学者は積極的にバスの外へ出て、
港の様子を熱心に見ていた。

mini_22_namie_PA292105.jpg

◆漁港には漁船が繋留
今年の2月に岸壁工事が進んで、26隻の漁船が戻ってきた、とのこと。
見学のこの日は、台風22号の影響もあって、船は港に全隻揃っていたかもしれない。

mini_24_minato_PA292097.jpg

◆港の北側
請戸港は、請戸川の河口に作られた港。
もともと、北側は河川と平地が続いて地平線っぽい景色なんだろうけど、
それにしても、建物など、人工物が、まったく何もない・・。
もちろん、人の気配もない。

mini_25_genpa_PA292107.jpg

◆港の南側 福島第一原発の遠望
南側、雨に煙って視界が悪いが、
福島第一原発の鉄塔や大型クレーン重機がぼんやり見える。
ここから約7km南の地点である。

今回、実際に、現地を見て、そして現地の方のお話を聞けて、
よい機会を得た。
だからといって、自分が何かできるか、というと、あまりにも微力。
ま、それでも、こうして、時々、福島県を訪れて、
美味しいものを食べて、「普通に」紹介することが、とりあえず
できることかなと思う。(あくまで「ふつうに」。)

☆2017年10月29日(日)・・・福島県双葉郡浪江町

飯坂温泉、摺上亭大鳥


雨だす。しかしながら、予定通り、浪江方面に出かけます。

会津磐梯山


🔷会津磐梯山
しかしながら、ええ天気ですなァ❗\(^_^)/
まもなく雪を被るんでしょうなぁ✨
プロフィール

kurozowosan

Author:kurozowosan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
くろさんカウンタ
現在のアクセス
現在の閲覧者数:
時計
リラックマ時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード