FC2ブログ

鳥取城 日本百名城 【第63番】

mini_11_nisisakasitamon_472A1609-resize.jpg
鳥取城 日本百名城【第63番】
◆鳥取城 中仕切門(西坂下門)
鳥取県立博物館脇の二の丸登り口にあり、1867年(慶応3)に創建された。鳥府志などの江戸時代の諸記録や絵図にはこの門は記載されていない。長年にわたり「お城の門」として市民に親しまれていたが、1975年(昭和50年)3月に強風のため倒壊した。その後、ほぼ旧態どおりに復元された。(出典:Wikipediaより)


mini_12_jinpuukaku_472A1660-resize.jpg
◆仁風閣(じんぷうかく) 奥に鳥取城のある久松山と石垣群
仁風閣は、鳥取県鳥取市にあるフレンチルネッサンス様式の西洋館。中国地方屈指の明治建築として名高く、1973年6月2日には国の重要文化財に指定されている。
1907年、当時の皇太子嘉仁親王(のちの大正天皇)の山陰行啓時の宿泊施設として鳥取城跡の扇御殿跡に建てられた、旧鳥取藩主池田仲博侯爵の別邸である。「仁風閣」の館名は、この行啓に随行した元帥海軍大将東郷平八郎が命したもの。他の文化人等(作家や歌人など)の所蔵資料が、展示されていることもある。(出典:Wikipediaより)


mini_13_tenkyuu_472A1646-resize.jpg
◆鳥取城 天球丸 巻石垣
二の丸の一段上、平山城部の最高所にある。池田長吉の姉で若桜鬼ヶ城主・山崎家盛の夫人だった天球院が山崎家を去った後に居住していた。三階櫓、御風呂屋御門などの建物があり、池田光政入封後も天球院の居所が存在していたという。享保5年の石黒火事で焼失し、長らく放置されていたが、幕末には不穏な世情を背景にお稽古所が設置された。
近年の石垣復元に伴う発掘調査から、池田長吉による慶長の大改築の際に、宮部時代の石垣をもとにして郭が拡張されたことが明らかになった。また、この頃は現在の凸の字状の郭ではなく、東側が3段の石垣で造られ、中心部は2段の石垣で構成されたことも明らかになっている。現在のような形になったのは、長吉の後の池田光政の改築によるものと考えられている。
さらに、江戸時代後期には石垣のたわみを防ぐために球面を持つ巻石垣によって石垣下部が補強されたことも明らかになり、巻石垣が復元された。こうした巻石垣は港や河川の工事に用いられるのが主で、城郭の補強に用いられるのは、きわめて珍しい例である。(出典:Wikipediaより)


mini_14_tenkuu_SDIM2762-resize.jpg
◆鳥取城 天球丸 巻石垣
日本百名城63番の鳥取城でございます。
ヲレ自身は、何度か訪問していますが、
今回の写真群は、次男が小旅行に出かけて撮影した写真の一部でございます。
百名城スタンプは、仁風閣の中で貰えたってことで
ご苦労様でございました^^

ちなみに鳥取旅行の目的は、何かと話題の
鳥取砂丘で「ポケモンGO!」でもなく、
鳥取市内の「ちゃんこ料理店」の飲食取材でもなく、
単に、日本百名城スタンプのGET!でございました^^


mini_15_tenkyu_472A1629-resize.jpg
◆鳥取市内の眺め
天球丸のてっぺんあたりから鳥取市内を眺めています。
いいお天気でございます。
左手の手前には、鳥取西高校の校舎が一部見えます。
校門のあたりの大イチョウ、まだ緑を少し残しているようにも見えます。
よいお天気に恵まれた絶景でございます。

☆撮影日:2017年11月21日(火)・・・・鳥取市
スポンサーサイト

柏ふるさと公園 イチョウの絨毯 黄葉

mini_11_ityou_PB272794.jpg
mini_12_ityou_20171127_134506.jpg
mini_13_ityou_20171127_134544.jpg
mini_14_ityou_20171127_134506.jpg
mini_15_ityou_20171127_134648.jpg

◆柏ふるさと公園 イチョウの絨毯 黄葉

手賀沼の一番西の端、運河?(大堀川)の南岸にある
木立の美しい公園です。
11月の初めに近くを車で通った際に気になっていました。
ケヤキの紅葉がキレイになったなあと運転手の女房様が
車を停めました。駐車場の脇のイチョウ並木がキレイです。
すでに見ごろは過ぎて葉っぱのない木も多かったわけですが、
日当たりの悪い場所のイチョウの黄葉が、まさに見ごろでした。
葉っぱの少ない分、落ち葉の絨毯を写真に撮りました。

☆撮影日:2017年11月27日(月)・・・千葉県柏市

本土寺 紅葉の錦 その3

mini_51_momiji_PB252703.jpg
mini_52_momiji_PB252717.jpg
mini_53_momiji_PB252713.jpg
mini_54_momiji_PB252711.jpg
mini_55_momiji_PB252742.jpg

◆本土寺 紅葉の錦 その3

載せるべきものが次々と溜まっているものの、
葉っぱの写真ももう少し遺したいと思い、
錦の葉っぱ寫眞を載せておきます。

あ!ここは葉っぱの撮影スポットだ!と思う場所は
皆同じような感覚で、カメラを構える場所も一緒でございます^^
葉っぱ写真は続きます^^

☆撮影日:2017年11月24日(土)・・・千葉県松戸市

本土寺 紅葉 その2

mini_31_hon_PB252663.jpg
mini_32_hon_PB252683.jpg
mini_33_hon_PB252686.jpg
mini_34_hon_PB252695.jpg
mini_35_hon_PB252691.jpg

◆本土寺 紅葉 その2

なんだか、たくさん写真を撮りましたので、もう少し、
本土寺の写真を載せておきましょう^^

渡り廊下は、桟の隙間から撮ったものです。
中に入れるといいんですが、なかなか、
思い通りにはまいりません^^

紅葉写真といいつつ、葉っぱ写真がないですな^^
紅い葉っぱの写真は、このあと、また載せていきます^^

☆撮影日:2017年11月25日(土)・・・千葉県松戸市

本土寺 紅葉

mini_21_hondo_20171125_111501.jpg
mini_22_aka_20171125_114340.jpg
mini_23_hondo_20171125_112904.jpg
mini_25_hondo_PB252733.jpg
mini_24_hondo_20171125_111920.jpg

◆本土寺 紅葉
Wikipedia先生によれば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本土寺(ほんどじ)は、千葉県松戸市平賀にある、日蓮宗の本山。山号は長谷山。塔頭が一院ある(仏持院)。
本土寺は、池上の長栄山本門寺、鎌倉の長興山妙本寺とともに「朗門の三長三本」(さんちょうさんぼん)(新潟県三条市の長久山本成寺を含めて四長四本ということもある)と称されている。「朗門」とは日蓮の弟子日朗の門流という意味であり、「三長三本」とは、上記3か寺の山号寺号にいずれも「長」「本」の字が含まれることによる。
近年、境内には茶室も整備され、1000本のカエデ・5000株のハナショウブ・10000株のアジサイの名所として人気を集め「あじさい寺」として親しまれている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
松戸市内のアジサイの名所でございます^^
最寄り駅の北小金駅から参道を歩く拝観者は爺さんと婆さんだらけでございます。
参道沿いの商店や農家の庭先は、土産物店になってます^^大混雑ざます。
ぽっかぽかの小春日和、草紅葉?の花菖蒲園のベンチ、爺婆の休憩スペースに^^
のんびり散策いたしました^^

☆撮影日:2017年11月25日(土)・・・千葉県松戸市

メジロと柿と青空と

mini_11_mejiro_PB252626.jpg
mini_12_mejiro_PB252632.jpg
mini_13_mejiro_PB252634.jpg
mini_14_mejiro_PB252638.jpg
mini_15_mejiro_PB252639.jpg
◆メジロと柿と青空と

青空がキレイな暖かい一日でした。
大きな実がたくさんなった渋柿の木を見上げると、
小鳥が数羽います・・。よく見ると・・・、
メジロです。熟柿をついばんでいます。
柿とヒヨドリの写真は去年撮りましたが、
柿食うメジロの姿は初めての撮影ですょ^^

☆撮影日:2017年11月25日(土)・・・千葉県松戸市

ニラと玉子と牡蠣の炒め物

mini_11_niratama_20171124_123228.jpg
◆ニラと玉子と牡蠣の炒め物

昨日のランチ。近所の中華屋さんで、
ボリュームたっぷりの「ニラと玉子と牡蠣の炒め物」。
玉子、2個以上使ってるんじゃねえの?って感じです。
ニラが高いから、玉子をサービスしているのかもしれない・・。

ランチの定食サービスは、必ず、「冷奴」、デザート、コーヒーが付く。
麻婆豆腐を頼んでいても、「冷奴」が付く!そういうときには、
やっこを食べるときに、醤油はかけずに、麻婆豆腐と絡めながら食べる。
熱さを冷ましながら、辛みを抑えつつ、何か、違った味わいとなる・・。

☆撮影日:2017年11月24日(金)・・・千葉県松戸市

ネギの宝船@21世紀の森と広場

mini_11_negi_20171123_134133.jpg
◆ネギの宝船@21世紀の森と広場


mini_12_negi_20171123_132312.jpg
◆ネギの宝船@21世紀の森と広場


mini_13_negi_20171123_134123.jpg
◆ネギの宝船@21世紀の森と広場


mini_14_kouen_20171123_134347.jpg
◆ネギの宝船@21世紀の森と広場


mini_15_kouen_20171123_131255.jpg
◆ネギの宝船@21世紀の森と広場

昨日は、午前中は雨、
午後から晴れまして、
近所の公園「21世紀の森と広場」で開催されてました
農業祭に出かけました。

松戸市は、矢切ネギを始め、ネギの大産地。
市町村別では、日本一?の生産量かもしれません^^

旬を迎えたネギを使った
宝船のディスプレイが目を魅きました^^
足元のぬかるみに注意しながら、撮影いたしました^^

あ、お土産には、もちろん
ネギを背負ってきました^^
(とくだん鴨られたわけではありません^^)

☆撮影日:2017年11月23日(金)・・・千葉県松戸市

亀山ダム放水 ほか

mini_11_kameyama_20171120_141612.jpg
◆亀山ダム放水
房総半島の紅葉を楽しもうと思ったものの、
今秋の何度かの台風来襲で、塩害を被って残念な結果。
もともと紅葉の名所といっても、
暖かい房総半島では限界があるわけで、
ま、しょうがないですなあ^^

それでも、珍しい?ダムの放水サービスに出会えましたので、
ラッキーでしたょ^^

mini_12_kiraku_20171120_151840.jpg
◆チャーシュー麺
亀山ダムの帰り道、「濃溝の滝」駐車場は満杯でしたので、
ダムの近くのラーメン屋さんで少し遅めのランチ。
オーナーは知り合いってこともあって、
たいへんに美味しゅうございました^^
ごちそうさまでございます^^

mini_13_kaki_20171119_190739.jpg
◆蜂屋柿&富有柿
農作業&畑作業の手伝いに訪問した姉の家の柿畑で採集したもの。
すでに、柿の盛りは過ぎていて、これだけでした。
ひとつだけの大きな柿は、渋柿の「蜂屋柿」。
少し小さめの富有柿、今年は黒い斑が多いのよ^^
とのことでしたが・・。

mini_14_kaki_20171120_073727.jpg
◆柿と林檎
少し黒い柿、もはや食えないかと思いきや、
食後のデザートに剥いてもらいましたところ、
とっても甘くって美味しゅうございました。

mini_15_youkan_20171120_104803.jpg
◆手作り紫芋羊羹
極めつけのデザートは、紫芋の羊羹。
天然の紫色、見た目の色合いも高貴な?イメージで、
程よい甘さの上品な出来栄えでございました。
ごちそうさまでございます^^

☆撮影日:2017年11月19日20日・・・君津市&鴨川市

サンライズ出雲(サンライズいずも)

mini_9911_izumo_472A2605(4).jpg
◆サンライズ出雲(サンライズいずも)

松江駅でしょうか、次男が旅行先から、
サンライズ出雲(サンライズいずも)の写真を
送ってきました。

鳥取まで飛行機で行って、鳥取砂丘、鳥取城観光。
鳥取からは、スーパーまつかぜで、松江に向かい、出雲で一泊。
さらに、出雲大社、松江城などを観光し、夜、
松江駅からサンライズ出雲(夜行寝台)で東京へ戻る。
東京到着は、23日の朝、7時頃ってことです。

なんか、贅沢な旅ですな^^
一か月前に飛行機よりも前に、予約を取った、
サンライズ出雲の写真を送ってきたので、
早速、載せておきましょう。

☆撮影日:2017年11月22日(水)・・・島根県松江市
プロフィール

kurozowosan

Author:kurozowosan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
くろさんカウンタ
現在のアクセス
現在の閲覧者数:
時計
リラックマ時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード