FC2ブログ

忘年会のお料理・・・その2

mini_21_sea_20171230_181220.jpg
◆シーフードサラダ


mini_22_ako_20171230_181812.jpg
◆アコウダイのお造り


mini_23_suage_20171230_182812.jpg
◆タコのから揚げ


mini_24_ebi_20171230_184320.jpg
◆海老しんじょう


mini_25_niku_20171230_191757.jpg
◆フィレ&カルビ・ステーキ

さて、今年のうちに、
忘年会の食べ物写真を載せておきましょう^^

それにしても、今日、大晦日は寒かった!
朝から気温は上がらず、5℃まで。
東京、初雪?? 松戸でも雪が降り?舞いましたょ^^
寒すぎて、普段だったら、歩いて出かけるところですが、
さすがに、きょうは、お車を使って、近所のお店を3軒くらいハシゴして
買い物を済ませてまいりました。

今年の記事アップは、ここまでかな?
また、来年も、日々更新を粛々とやっていきましょうかな^^
よろしくお願い申し上げます^^

☆撮影日;2017年12月30日(土)・・・千葉県松戸市
スポンサーサイト

恒例!?クエ鍋で家族忘年会

mini_11_kue_20171230_180003.jpg
mini_12_kue_20171230_175954.jpg
mini_13_kue_20171230_180846.jpg
mini_14_kue_20171230_183033.jpg
mini_15_yebisu_20171230_180920.jpg
◆恒例!?クエ鍋で家族忘年会

今年も大詰め、今日は大晦日。
ってことで、昨夜は、近所で外食。
メインメニューは、クエ鍋。
昨年に続き、今年も恒例?クエ鍋忘年会。

美味しゅうございました^^
ごちそうさまでございます。

☆撮影日:2017年12月30日(土)・・・千葉県松戸市

ベビーキャロット セリ科 ニンジン属

mini_11_ninjin_20171223_093553.jpg
mini_12_ninjin_20171223_093527.jpg
mini_13_ninjin_1514590349231.jpg
mini_14_ninjin_20171229_082515.jpg
◆ベビーキャロット セリ科 ニンジン属 原産地アフガニスタン

9月頃だったか、よくいくホームセンターで駐車場バーゲンセールをやってて、
バケツのような大きめの植木鉢を2つばかり衝動買いした。
1個400円、安いか高いかよくわからない・・。

来年用のトマトの鉢にしようと考えていたが、
秋から冬にかけて遊ばせておくのはもったいないと、
めったに作らない根菜類をやってみようと、
ベビーキャロットの種を蒔いた。
買い求めた種は極早生で70日~80日で収穫可能!ってことだったが、
結局、90日以上かけて、ようやく収穫の時季を迎えた。

冬のベランダで緑が盛んなのは、イチゴの葉っぱと並んで、
人参の葉っぱが元気だ。
根っこが浮き上がってきた直径1cmくらいの株を抜き取る。
二股になって大きくなってないものがあるが、まずまずの出来栄え。
葉っぱを落として、きれいに洗って、生でもいけますが、
この集合は煮物でいただきました^^
まだまだ残ってます。年明けも楽しめると存じます。

☆撮影日:2017年12月29日(金)・・・千葉県松戸市

大涌谷にて、富士山と黒玉子

mini_21_huji_PC253738.jpg
◆大涌谷から富士山
早雲山からロープウェイで大涌谷へ。
亜硫酸ガスが酷いと運休になることもあるらしく、
運行していてラッキーでした。
箱根の前夜は雨。富士山は雪だったわけで、
イイ感じに冠雪している富士山を拝むことができました。
そうそう、前日に、江の島から微かに見えた富士山は
雪が少なかったような感じでした。
いろいろな偶然の積み重ねの産物でした^^


mini_22_huji_PC253740.jpg
◆大涌谷から富士山


mini_23_huji_PC253742.jpg
◆大涌谷から富士山


mini_24_owaku_PC253753.jpg
◆大涌谷の現状
2009年に観光に訪れたときには、
奥の方の散策路が歩けたわけですが、
全然、奥の方には行けそうもないんで、
ロープウェイの駅の周辺をウロウロしただけで、
写真を撮って、桃源台方面へ向かいます。



mini_25_yde_20171225_092653.jpg
◆黒玉子
名物の黒玉子、5個で500円。
メンバー5人で1個ずつ食べまっした。
中身は、普通の茹で卵です。
わかっていながら食べるのは、
わざわざここまで来たんですからね^^

2009年のブログ記事には、レシピを載せてました。
<黒玉子の作り方>
  硫黄たっぷりの源泉に、1時間浸けます。
  温泉温度は、80度。
  そのあと、5分ほど蒸すそうです。
  硫化水素と鉄分が玉子の殻にくっついて、
  真っ黒になるそうです。

美味しゅうございました。
ごちそうさまでございます^^

☆撮影日:2017年12月25日(月)・・・箱根町

箱根港のフジミヤさんにてランチ

mini_11_hakone_PC253843.jpg
mini_12_hakone_PC253838.jpg
mini_12_udon_PC253832.jpg
mini_14_suopa_PC253836.jpg
mini_15_kare_PC253840.jpg
◆箱根港のフジミヤさんにてランチ

神戸からお見えの方々とともに、
鎌倉・箱根の鉄板コースを旅してきました。

箱根港の芦ノ湖の見えるフジミヤさんにてランチ。
「バスの旅」の蛭子さん状態でランチメニューを注文。
ビールは箱根駅伝スポンサーのサッポロで^^

☆撮影日:2017年12月25日(月)・・・神奈川県箱根町

以下は、ざっくりした行程結果です。メモしておきます。

【24日(日)】
東京駅集合 東海道線(7時28分発)熱海行10番線ホームの前から2両目
戸塚駅(8時4分着)下車して、ホームで更にメンバー1人と合流。
横須賀線に乗換。戸塚駅(8時8分発)の逗子行に乗車。
北鎌倉駅着(8時17分着)
北鎌倉駅(8時20分)

円覚寺(8時25分~35分)

建長寺(8時38分~58分)

鶴岡八幡宮(9時17分~9時32分)

小町通(9時38分~49分)

江ノ電鎌倉駅(10時00分発)

長谷駅(10時04分着)

大仏様(10時17分~30分)

長谷寺(10時39分~11時14分)

昼食(11時16分~11時50分)

長谷駅(12時05分発)

江ノ島駅(12時24分着)

江の島見学約1時間程度

湘南江の島駅(13時41分発)
↓懸垂式モノレール
大船駅(13時58分着)

大船駅(14時10分発)

小田原駅(14時59分着) 箱根フリーパス購入
小田原駅(15時15分発)

箱根湯本駅(15時39分着 47分発)

強羅駅(16時22分着 34分発)

中強羅駅(16時46分着)
箱根強羅温泉 宿坊 翠林荘宿泊
      
【25日(月)】 
中強羅駅(8時54分発)

早雲山駅(8時59分着) 
早雲山駅(9時02分発)

大涌谷(9時10分着) 周辺見学後、黒玉子購入

9時45分頃大涌谷を出発して桃源台へ(所要時間16分)。

ここから芦ノ湖海賊船ビクトリーに乗船
海賊船出航時間 10時50分発) 箱根町港まで30分
箱根駅伝往路ゴール地点見学
昼食(フジミヤ)
箱根関所見学、旧街道杉並木など見学しながら元箱根、等見学
元箱根港(13時25分発)の【三島行バスに乗車】 

山中城(13時50分~14時55分)

箱根町港(14時25分)

箱根湯本(15時30分)

小田原(16時48分)

松戸自宅(20時00分)

山中城 再訪問 【日本百名城 40番】 

百名城スタンプ、押して来ました✨("⌒∇⌒")


◆山中城址より富士山の眺め
箱根の芦ノ湖周辺とは違い、観光客はまばら、
10人の人に出会ったくらい・・・。
前回は、三島からレンタカーを使いましたが、
今回は、元箱根からバスでの訪問でした。
箱根フリーパスを買ってありましたので、
帰り道も、三島には抜けず、芦ノ湖の畔に戻って
箱根湯本・小田原に抜けて東海道線に乗り、
東京方面へ向かいました。




◆障子の桟(サン)のような空堀
雪洞のような植物はツツジの類です。
5月くらいが一つの見ごろなんでしょうけど、
富士山を見るなら、やはり冬場に来ないと
あかんでしょうな^^




◆左に愛鷹山連峰、右に富士山

日本百名城 40番 山中城に再訪問です。
前回は、富士山も見えず、ハンコももらいまっせんでしたんで、
今回、箱根の旅行のついでに最後に単独行動にてハンコ押印を目的に行ってきました。
幸い、お天気も最高?でしたので、富士山をも撮影してきました。
撮影時はあいにく中腹に雲がかかっていましたが、それでも、なかなかの圧巻でしたょ。

☆撮影日:2017年12月25日(月)・・・静岡県三島市

大涌谷の眺め


🔷大涌谷です!✴
富士山、バッチリ見えてます✨("⌒∇⌒")

カエルの歌が聞こえてくるよ♪?

mini_9911_kiobiyadoku_PC153279.jpg
◆キオビヤドクガエル
エサとして、カエルのゲージの中には、
コオロギがいましたょ^^
「矢毒蛙の毒」というよりも、
「キレイ」なのでペットで飼っているひともいる、
らしい・・。



mini_9912_toukyodaruma_PC153303.jpg
◆トウキョウダルマガエル
Wikipedia先生によれば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~
生息地ではトノサマガエルと混同(関東地方にはトノサマガエルは自然分布しないため、関東でトノサマガエルと呼ばれるのは本種の基亜種)されることもある。
開発による生息地の破壊、水質汚染、水田の減少、人為的に移入されたウシガエルによる捕食などにより生息数は減少している。また以前までは住み分けを行っていたトノサマガエルと生息地や繁殖時期が重複してしまい、種間雑種による遺伝子汚染も懸念されている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~
小さい頃に、「トノサマガエル」と呼んでいた蛙は、
どうやら、「ダルマガエル」だった可能性もあるし、
交雑種、近縁種、だった可能性もあるわけで、
どうも、この辺はあいまいです。
まあ、今更でもないですが、今後とも、
いろいろ調べていきましょう^^



mini_9913_azuma_PC153308.jpg
◆アズマヒキガエル
山道なんかで、ヒキガエルと出会うと、
かなりビックリ(+_+)します。
ひょっとすると、イノシシやサルなんかよりも
驚きです。
また、見に行きたいところですが、
カエルのシーズンの山登りは、虫や蛇も多いので、
要注意!です^^



mini_9914_syre-geru_PC153310.jpg
◆シュレーゲルアオガエル
名前は、外来種を思わせるわけですが、日本の固有種だそうです。
千葉県、兵庫県では、準絶滅危惧だそうです・・。
モリアオガエルとかニホンアマガエルとか、似てるカエルが多いので、
なかなか、瞬間的に特定するのが難しいです^^



mini_9915_kokegaeru_PC153269.jpg
◆コケガエル
ベトナム固有種なんですね^^
動物園でしか見たことないわけですが、
飼ってる人もいるわけで、尊敬します。

カエルの種類は、まだまだあるわけで、
写真も奥深いです。特に、派手な色合いの
ヤドクガエルの仲間は、まだまだありそうです。
もう少し、コレクションを増やしたいと存じます。

☆撮影日:2017年12月15日(金)・・・東京都台東区

天ぷら御膳 @ 天つねさん

mini_11_tenpura_20171221_183528.jpg
mini_12_tenpura_20171221_183532.jpg
mini_13_tenpura_20171221_183535.jpg
◆天ぷら御膳 @ 天つねさん

昨夜は、近所で外食。天ぷら御膳でございます。
こういう丁寧に作ってくださる天ぷらのお店では、
揚げたての海老天の尻尾から、カリッカリのところを
ガブッといくところがいいですね^^
あ、おろしたての山葵を、お刺身にちょこんと乗せて
つ~んといただくのもいいですね^^
お味噌汁も御飯も冷めないうちに、ささっといただきまして、
早めにおうちに戻り、温浴剤を入れたお風呂で温まりました^^

美味しゅうございました。
ごちそうさまでございます^^

☆撮影日:2017年12月21日(木)・・・千葉県松戸市

カメレオン グリーンイグアナ アオダイショウ ほか

mini_8811_kame_PC153332.jpg
◆カメレオン
先日、NHKで、紹介してましたね。
『ざんねんな生き物事典』高橋書店刊。
一例として、カメレオンの体色変化、
「カメレオンの色が変わるのは気分しだい」だってことだそう。

上野動物園の「爬虫類・両生類館」。
なんだか、紹介しにくい動物ばかりですが、
怖くなさそうな、動物を少し載せておきましょう。


mini_8812_greenigana_PC153293.jpg
◆グリーンイグアナ
動きが鈍いので、グリーンイグアナも写真に撮りやすいんですが、
あまりに上手に撮れると、だいたいグロテスクな画像になってしまいます。
身体をうまいこと枝に隠して頭だけだしてる写真にしておきましょう!


mini_8813_aodaisyou_PC153324.jpg
◆アオダイショウ
ヘビは、いい顔してくれる奴は少なく、ほぼ怖い写真ですが、
このアオダイショウは、少し可愛く?撮れたのでご紹介。
小さい頃には、しょっちゅう見ていたのに、いまや
動物園でしか見ない?珍しい動物になってしまいました^^


mini_8814_motugo_PC153358.jpg
◆モツゴ
爬虫類でもなく、両生類でもなく、魚類のモツゴです。
「爬虫類・両生類館」で展示されてるわけでもなく、
どなたかのエサとなっています。
ヒトが見ても、美味しそうです。

けっこう、型がいいですね。
カワセミやアカショウビンの禽舎の
小魚はもう少し小さかったような・・。

そういや、手賀沼の小さな水路で、おじさんたちが
小さい釣り竿で釣っていたのは、タナゴではなく、
モツゴだったのかもしれません・・。
また、調べてみましょう。

☆撮影日:2017年12月15日(金)・・・東京都台東区
プロフィール

kurozowosan

Author:kurozowosan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
くろさんカウンタ
現在のアクセス
現在の閲覧者数:
時計
リラックマ時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード