FC2ブログ

もさえび

mini_7711_mosa_20180330_220544.jpg
mini_7712_mosa_20180331_063752.jpg
mini_7713_mosa_20180331_072121.jpg
◆もさえび

 鳥取県ではクロザコエビのことを「もさえび」と称し、9月~5月に沖合底びき網漁で漁獲されます。
 カニシーズンと重なる時期が長く、隠れた存在になっています。
 弾力のある食感や旨味が強く、甘味は甘エビ以上ですが、鮮度劣化が早いため遠隔地への出荷は難しく地元でしか味わえない幻のエビです。(出典:鳥取県公式HP)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次男が選んだ「ふるさと納税」で境港から送られてきた「もさえび」です。
見た目は、かなり悪いんですが、甘くって美味しい海老でございます。
数年前には、年間5~6回は鳥取に出かけていましたので、
何度か、モサエビ食べているんですが、ここんとこ御無沙汰・・。
久しぶりに、いただきました。
宅急便を開けたら、中で海老がまだ跳ねていました。
甘くって濃厚なお味でございます。

美味しゅうございました^^
ごちそうさまでございます^^

☆撮影日:2018年3月31日(土)・・・松戸市
スポンサーサイト

千鳥ヶ淵の花筏

mini_21_hanaikada_20180330_125505.jpg
mini_22_hanaikada_P3306052.jpg
mini_23_hanaikada_P3306057.jpg
mini_24_hanaikada_P3306023.jpg
mini_25_hanaikada_P3306045.jpg
◆千鳥ヶ淵の花筏

花筏・・、散り始めたサクラに花びら。
千鳥ヶ淵に、花筏となって広がっています。
今日は、載せるべきものが多いいんだすけど、
粛々と載せるべきものを載せてまいりましょう!!
花々写真、まだまだ載せるべきものが遅すぎる。
あらあらかしこ、あらかしこ。

☆撮影日:2018年3月30日(金)・・・東京都千代田区

千鳥ヶ淵のサクラ

mini_11_tido_P3306063.jpg
mini_12_tido_P3306066.jpg
mini_13_tido_P3306013.jpg
mini_14_tido_P3306058.jpg
mini_15_chido_P3306106.jpg
◆千鳥ヶ淵のサクラ

毎日毎日、同じような写真が続きます。
サクラと言えば、定番中の定番の千鳥ヶ淵。
千鳥ヶ淵でもさらにベタな展望台付近からの写真を中心に
「サクラとボート」の写真を載せておきます。

はや、ソメイヨシノさんは、散り始めていますが、
まだまだ他のサクラもありますので、
千鳥ヶ淵緑道・さんぽ道あたり、ヲレ的には、
4月中旬くらいまで楽しめそうだと思うんですけど^^

ま、ボート乗り場あたりの写真ってことになると、
ソメイヨシノが散ってしまうと・・、見どころが少ないんで
アウトですか・・w。

☆撮影日:2018年3月30日(金)・・・東京都千代田区

日本の道百選 常盤平さくら通り【第27番】

mini_11_sakura_P3295970.jpg
mini_12_sakura_P3295964.jpg
mini_13_somei_P3295954.jpg
mini_14_sakura_P3295952.jpg
mini_15_sakura_P3295948.jpg
◆日本の道百選 常盤平さくら通り【第27番】

さて、サクラ通りの桜まつりの開催は4月7日8日。
まあ、そんなことにおかまないなく桜は咲くわけで、
こちとらも、散る前に、ち~と見物しておきましょうってことで
昨日の午後、散策。満開?過ぎて、もはや桜吹雪状態でございます^^

ソメイヨシノ、オオシマザクラが、交互??くらいに咲いています。
遅咲きの八重桜のサトザクラたちは、あまり見当たりませんけど、
まあ、このあと目立ってくるんでしょう^^

いつも思うんですけど、「日本の道百選」の標識の木の棒・・、
電柱を避けて立ててほしかった・・。電柱の地下埋設など・・、
桜並木のある道路では、なかなか難しいんでしょうな^^

☆撮影日:2018年3月29日(木)・・・千葉県松戸市

ベニカナメモチ越しのソメイヨシノ越しのマンション

mini_6651_benihagane_20180328_173106.jpg
◆ベニカナメモチ越しのソメイヨシノ越しのマンション

ベニカナメモチ(レッドロビン) Photinia×fraseri(P. glabra × P. serrulata→カナメモチとオオカナメモチの雑種):新芽が非常に鮮やかな赤になる。鑑賞価値が高く、生け垣などに利用される。カナメモチとよく似ているが、カナメモチの葉柄には鋸歯の痕跡(茶色の点に見える)が残るが、レッドロビンには無いことで区別できる。(出典:Wikipedia)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、今日は、午前中のみのお仕事です。
したがって、一枚写真にします。
マンションの生垣、ベニカナメモチ越しのソメイヨシノです。
マンション指定の造園業者さんのおかげで、
毎年、きれいなベニカナメモチの新緑ならぬ新紅が見られます。
まだまだ葉っぱは小さいですが、このあと、どんどんど~んと
赤い葉っぱが伸びそうです。

今日も、暑くなりそうです。紫外線、熱中症に注意ですな^^

☆撮影日:2018年3月28日(水)・・・千葉県松戸市

【朝撮り、撮り直し】ソメイヨシノ

mini_11_some_20180327_080732.jpg
◆ソメイヨシノ
(朝撮り、撮り直しのソメイヨシノでございます^^)



mini_12_some_20180327_082257.jpg
◆ソメイヨシノ



mini_13_osima_20180327_164239.jpg
◆オオシマザクラ



mini_14_yusuraume_20180327_173845.jpg
◆ユスラウメ
(枝を切りすぎて、今年は、花が少ない・・)



mini_15_yukiyanagi_20180327_173908.jpg
◆ユキヤナギ

3月末は、一日仕事が多いので、
ベランダ園芸も、公園植物観察も、
ままならない日々が続きます。

限られた時間の中で撮った花々写真を載せておきます。
青空の中の朝日を浴びたソメイヨシノを撮り直し、
帰り道、咲き始めたオオシマザクラを観察・撮影。
ソメイヨシノと違って、
葉っぱを開きながら白い花を咲かせるオオシマザクラ。
入学式のある4月まで花がモチマスカな??

マンションのユスラウメは、春先に造園業者が入って、
かなり、枝を落とされています。プロの仕事は容赦ないですな^^
ヲレだったら、もったいなくって、バッサリ切りはできないですょ^^
枝がないので、必然的に花数が少ないわけです。
まわりのユキヤナギの花に完全に負けています・・。

一方、ベランダの野菜たち、メンテナンスの頻度が落ちています。
木曜日に少し時間ができそうです^^ここがチャンスかな^^
リーフレタスの苗が育っていますので、
この辺を少し大きな鉢に植えなおしたいと存じます。

☆撮影日:2018年3月27日(火)・・・千葉県松戸市

仕事先のソメイヨシノ ほか

mini_8851_taka_20180326_105635.jpg
◆仕事先のソメイヨシノ
さて、サクラの写真ばかりでごめんなさい^^
昨日の仕事先のソメイヨシノ。
夕方、5時くらいですかね^^



mini_8852_tyu_20180326_173333.jpg
◆マンションのソメイヨシノ
仕事から我が家に帰ってマンションのソメイヨシノ。
もはや夕暮れ後ですかね・。やっぱし青空が欲しいです。
これは、高い場所から撮ってますので、まだましですが・・。



mini_8853_sakura_20180326_173050.jpg
◆マンションのソメイヨシノ
サクラの樹の下から撮ったら、暗い写真になってしまいます。



mini_8854_saku_20180326_173047.jpg
◆マンションのソメイヨシノ

・・・と、ここまで書いてきましたが、そうだ!
昨日、寝る前にメモに残したテキストがあったんだ!
以下には、メモ帳を開いて、それをコピペ!えい!
文章の整合性がないかもしれないですが、今日も、出勤が早いので、
こんなもんでいいでしょうな・・。あくまで記憶の記録でございます^^



mini_8855_riku_P4043038.jpg
◆六義園の夜桜(参考)

◆サクラ

~~~~~~~~~~~~~~~~~
(以下本文)
今年の桜は、ほんとに早い!!
あっというまに満開だす。
今日の職場の桜、大きな樹が10~20本はありますな^^
一番、咲いてる樹の花を空を背景に撮りました。
夕方の空なんで、こんなもんかな^^

さらにおうちに帰って、我が家のあるマンションの桜。
住民の方??カメラを持ったオッチャンがサクラを撮ってました。
さらに夕方になっててて、ますます、残念な写真になってます^^

テレビ見てたら、千鳥ヶ淵や、六義園の夜桜を放送してました^^
ヲレの行動、去年は、どうだったかな??
六義園の夜桜見物は4月4日でした^^
なんと!そりゃ、10日以上も早いんだもんね~^^
花見の計画を立てる前に、すでに満開・・。
完全に出遅れてる状況でございます~^^

☆撮影日:2018年3月26日(月)・・・千葉県松戸市

駅前の桜 我が家のキヌサヤ、菜の花

mini_51_sakura_20180325_135427.jpg
◆駅前の桜
さてさてさて、
あちらもこちらもサクラが見ごろでございます^^
駅前の桜も満開??かと思う咲きっぷり。



mini_52_sakura_20180325_135450.jpg
◆駅前の桜
このままだと、2週間後の桜祭りは、
葉桜祭りになりそうでございます^^



mini_53_peas_20180325_161355.jpg
◆キヌサヤ
一方で、我が家のキヌサヤは、一番花が昨日、開花しました^^
今朝見たら、閉じてますので、こりゃ、たぶん、
昼間だけ咲いてる花なんだな・・。
エンドウの花、白い花だけでなく、赤い花もあるはずなんだけど、
この品種は、白だけなのか・・、それともこの株だけが白花なのか、
2鉢に何株か植えてありますので、このあとさらに、
観察を進めていきましょう!!



mini_54_nano_20180325_161427.jpg
◆菜の花
さらには、菜の花・・。もはや、花の時期は終わりです。
菜花の株、食べるのを一部やめて花を楽しんだわけですが、
そろそろ終わりですね^^まあ、植える植物はいくらでもありますので、
この辺で、菜の花も見納めと致します^^



mini_55_nano_20180325_161450.jpg
◆菜の花

さて、次は、何を植えるか、蒔くか、
悩ましいところです^^

☆撮影日:2018年3月25日(日)・・・千葉県松戸市

豚骨ラーメン ほか

mini_11_tonkotu_20180324_114759.jpg
◆豚骨ラーメン

昨日の話。近所に、靴を買いに。
場所は、松戸市郊外。ランチは、街の中華屋さん「東東」。
店内には、お相撲さんの手形の色紙がズラリ^^。
相撲部屋「佐渡ヶ嶽部屋」が近いせいか、ガッツリ系?のお店。
工業団地で働く人、建設関係の人など、お客様はひっきりなし。
ヲレは、食べてない・・、ラーメン。



mini_12_kanitama_20180324_114814.jpg
◆かに玉あんかけ
甘酢あんかけのかに玉でございます。
女房様のご注文。かに玉、少しお裾分けいただきました。
酸味が程よく効いて美味この上御座いません。



mini_13_nira_20180324_115150.jpg
◆ニラレバ炒め定食
ニラレバは、ヲレの注文。
なんだかんだ、あちこちで、ニラレバ食うてますな^^



mini_14_gyoza_20180324_115452.jpg
◆手作り餃子
手作り餃子、いいですね^^
出来上がりの見栄えよりも、むしろ不揃いだっていいわけで、
餃子餡の味わいが個性があるのがイイですね。



mini_15_yabutubaki_P3235907.jpg
◆ヤブツバキ
箸休めに花の写真も載せておきましょう。
ヤブツバキ、これは21世紀の盛りと広場で撮った写真でございます。

あ、ランチの支払いは長男がしてくれました。
美味しゅうございました^^
ごちそうさまでございます^^

☆撮影日:2018年3月24日(土)・・・千葉県松戸市

菜の花 レンギョウ ミツマタ ヒュウガミズキ サンシュユ

mini_5511_nanohana_P3235816.jpg
◆菜の花
菜の花(なのはな)は、アブラナ科アブラナ属の花の総称[1]。特にアブラナまたはセイヨウアブラナの別名としても用いられる。また、菜花(なばな)は、ナタネ、カブ、ハクサイ、キャベツ、ブロッコリー、カラシナ、ザーサイなどアブラナ科アブラナ属で主として花を食するものをいう[1]。
なお、アブラナ属以外のアブラナ科の植物には白や紫の花を咲かせるものがあるが、これを指して「白い菜の花」「ダイコンの菜の花」ということもある。(出典:Wikipedia)



mini_5512_ren_P3235818.jpg
◆レンギョウ
レンギョウ(連翹、学名:Forsythia suspensa (Thunb.) Vahl[1])は、モクセイ科レンギョウ属の落葉性低木広葉樹。別名、レンギョウウツギ(連翹空木)。古名は、いたちはぜ、いたちぐさ。中国名は黄寿丹。英名はゴールデンベル (golden bells, golden bell flower)。(出典:Wikipedia)



mini_5513_mitu_P3235830.jpg
◆ミツマタ
ジンチョウゲ科のミツマタ属に属する。中国中南部・ヒマラヤ地方が原産地とされる。3月から4月ごろにかけて、三つ叉(また)に分かれた枝の先に黄色い花を咲かせる。そのため、「ミツマタの花」は日本においては仲春(啓蟄〔3月6日ごろ〕から清明の前日〔4月4日ごろ〕まで)の季語とされている[1]。皮は和紙の原料として用いられる[2]。(出典:Wikipedia)



mini_5514_hyoga_P3235838.jpg
◆ヒュウガミズキ
ヒュウガミズキ(日向水木、学名: Corylopsis pauciflora)は、マンサク科トサミズキ属の落葉低木。イヨミズキともいう。花期は3〜4月頃で、薄黄色の花を咲かせる。 2から3個の花が房になって無数に咲き、花弁の先から黄色の雄蕊の葯がのぞく。(出典:Wikipedia)



mini_5515_sansyuyu_P3235895.jpg
◆サンシュユ
ミズキ目ミズキ科の落葉小高木。ハルコガネバナ、アキサンゴ、ヤマグミとも呼ばれる[2]。季語は春。高さ3-15 mになる落葉小高木。樹皮は薄茶色で、葉は互生し長さ4-10 cmほどの楕円形で両面に毛がある[6]。
3月から5月にかけ[1]、若葉に先立って4枚の苞葉に包まれた、花弁が4枚ある鮮黄色の小花を木一面に集めてつける。花弁は4個で反り返り、雄しべは4個[7]。夏には葉がイラガやカナブンの食害を受ける。晩秋に付ける紅色楕円形の実は渋くて生食には向かない。(出典:Wikipedia)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さてさて、さて。
何度も載せた花々の写真でございますが、
今般、21世紀の森と広場で撮った黄色い花々を
ご一緒に載せておきましょう!!

細かく見ると、ミツマタや山茱萸には、小さな虫さんなどが
写りこんでいるわけで、あとから見ると・・、もう少し、
接写しておけばよかったな・・と反省する次第です。

春から夏にかけて、今後は、
虫々写真も盛り込んでいきましょう!!

☆撮影日:2018年3月23日(金)・・・千葉県松戸市
プロフィール

kurozowosan

Author:kurozowosan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
くろさんカウンタ
現在のアクセス
現在の閲覧者数:
時計
リラックマ時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード