FC2ブログ

香取市佐原イ あたり

mini_11_sawara_20180430_111016.jpg
mini_12_sawara_P4307140.jpg
mini_13_ra_P4307145.jpg
mini_14_sawa_P4307136.jpg
mini_15_sawa_P4307135.jpg
◆香取市佐原イ あたり

今日は、フラッと、神崎まで。
ついでに、香取市佐原イあたりを散策。
滞在時間は約30分?
もういちど、神崎までもどって、
かるく昼飯食って帰ってきましたょ^^。

☆撮影日:2018年4月30日(月)・・・千葉県香取市佐原イ
スポンサーサイト

いちご白書

mini_8891_itigo_20180429_104509.jpg
◆いちご白書

ベランダ園芸ってほどじゃないけど、
いちおう、植えてるものの管理はしとかなあかんってことで、
今日も、少し。イチゴの日当たりにも注意して・・・。
ここ2~3日、ええ天気が続きまして、
イチゴの色づきも速いように思います。

明日は、さらにいよいよ熟して美味しくなるかと、待ちの姿勢ですが、
大自然の中では、鳥やら虫やら、ヲレたちのライバルも虎視眈々。
ま、食えるうちに、摘まんで、食っちまいますか^^

収穫前に、記念写真を撮っておこう!!^^

☆撮影日:2018年4月29日(日)・・・千葉県松戸市

インドカレーの食レポ写真は難しい・・。

mini_6681_chiken_20180428_115129.jpg
◆インドカレー チキン
昨日のランチ。長男と近所のインドカレー店で。
ヲレの頼んだ、チキン。
サラダが早く出てくる。
野菜は、先に食った方が、
インシュリン・スイッチが早く入るので、食事の順番の基本??
ってことで、先に食うべきなんだけど、
撮影のためにカレーが出てくるのを待って撮影。




mini_6682_maton_20180428_115124.jpg
◆インドカレー マトン
長男のオーダーは、マトン。
サラダは、当然、先に食ってしまっているので、カレーのみで撮影。
やけに大きく写ってるけんど、実は小さい。




mini_6683_nan_20180428_115153.jpg
◆インドカレー ナン
ナンが出てきたところで、もういちど撮影。
さっそく手を出したら、熱い!あっちあっちなんで、
少し待って、ここで野菜を先に食べる。




mini_6684_nan_20180428_115159.jpg
◆インドカレー ナン
ナンがやたらデカいので、なかなか撮影は困難を極める。
白い生地なので、自動焦点に適さないし、
そもそもフレームにナンが入りきってない・・。




mini_6685_rasi_20180428_121003.jpg
◆マンゴーラッシー
カレーを食べ終わったところで、御口直しに、
マンゴーラッシー。すでに周りの器は食べ散らかし状態なので、
汚らしく、撮影に堪えない・・。

なかなかに、インドカレーの食レポ写真は難しい・・。

☆撮影日:2018年4月28日(土)・・・千葉県松戸市

朝のきらめき 大山千枚田 (再掲写真)

mini_7761_tanada_2018040161607.jpg
◆朝のきらめき 大山千枚田 (再掲写真)

今朝の新聞、
朝日新聞の1面に大山千枚田の写真が載ってて、
おお~!と思っていたら、
ネットでは、ヤフ・トピのトップでも、
「朝日新聞デジタル」を引用して、同じく紹介されていました。

早場米地帯なので、ほとんど田植えは終わってるんだろうけど、
観光農園に近い?大山千枚田では、
GWに都会の人たちに田植えをしてもらうため、
連休直前には、きれいに水が張られて、夜明けの時間、
カメラ小僧ならぬ、カメラ爺さんが沢山訪れているようです^^

とりあえず、ヲレも、協賛するイメージで、
4月1日に撮った写真を賑やかしに載せておきます。

☆撮影日:2018年4月1日(日)・・・鴨川市

クレマチスの花

mini_6651_tesen_P5034912.jpg
◆クレマチスの花

まあ、GWだというのに、
これといったネタもなく、とりあえず、
去年の花でお茶を濁しておこう!!

おもえば、クレマチスの花、なんだかんだ、
GWのネタとしては、定番ですな^^
筑波あたりの植物園にでも
見に行きたいところであります。

☆撮影日:2017年5月3日(水)・・・松戸市

クレソンの花 ほか

mini_8871_re_20180427_103645.jpg
◆リーフレタスの蕾

まあ、春から夏へ向かうこの季節。
葉物野菜にも薹(とう)が立つ頃でございます。
何度か、葉っぱを食べて、再生させてきたわけですが、
今回は、もう終わりですかね^^w
花を見る前に、植木鉢を次の栽培へ向けましょう!!



mini_8872_itapase_20180427_103637.jpg
◆イタリアン・パセリの蕾。

イタリアン・パセリは、
アブラナ科の花ではなく、セリ科の花。
まだ蕾ですが、花火がはじけるような花序でございます。
シシウドのようにドッカ~ン!と咲くんでしょうか^^
イタリアン・パセリ、冬越しして愛着もあるんですが、
味わいは、パクチーに似てて、あまり家族にも人気がないんで、
このまま、株を掘り上げて、鉢を入れ替えますか^^



mini_8873_kure_20180427_103705.jpg
◆クレソンの花。

去年とほぼ同じ時期にクレソンの花が咲きましたね^^
最近、いい加減な育て方をしてましたので、
食べられる葉っぱが少ないようでございます。
挿し木で簡単に根が出ますので、
新しい鉢に植え替えてあげましょう!!



mini_8874_kure_20170503_101525.jpg
◆クレソンの花。(去年のGW写真)



mini_8875_kure_20170503_101612.jpg
◆クレソンの花。(去年のGW写真)

参考までに、
去年のクレソンの大群落自生地の写真も載せましょう!!
「21世紀の森と広場」の橋の下、
今年も可愛い白い花が咲いていることと存じます。
あ、ここ「もりひろ」の橋の下は
「仮面ライダー」でも去年くらい撮影に使われた
聖地でもあります^^w

☆撮影日:2018年4月27日(金)・・・松戸市

【植物成長の記録】26日のイチゴ

mini_11_kinu_20180424_062243.jpg
◆24日 キヌサヤ

mini_12_kinu_20180424_062253.jpg
◆24日 キヌサヤ

mini_13_itigo_20180424_062312.jpg
◆24日 イチゴ

mini_14_itigo_20180426_093850.jpg
◆26日 イチゴ

mini_15_itigo_20180426_093947.jpg
◆26日 イチゴ

4月26日(木)昨日の朝の雨とは一転、
今日は、よいお天気でございます。

朝方、ベランダのイチゴの鉢の葉っぱやランナーの不要な部分を剪定しました。
イチゴの実は、あたかも新品種「白いイチゴ」のような
そのまんま言えば「ミドリのイチゴ」でございます。
いい加減な受粉のせいで、形もいびつなものでございます。
まあ、来年の参考にもなるわけで、
記録は記録として、のこしておきましょう!

☆撮影日:2018年4月26日(木)ほか・・・松戸市

春日部駅西口 藤まつり

mini_6671_huji_P4227032.jpg
◆春日部駅西口 藤まつり

せっかくの春日部観光でしたので、
春日部駅の西口も載せておきます。

藤でまちおこし、ってことで
メインストリートを「ふじ通り」とネーミング。
なるほどな!って、思います。



mini_6672_kasu_P4227030.jpg
◆オラの街 春日部

ご存知、クレヨンしんちゃん。
週刊アクションに掲載された大人のマンガからスタート。
すっかり町を代表するキャラです。

それにしても、作者の臼井儀人さん、
2009年に荒船山で滑落事故で
亡くなった時にはショックを受けました。

ちなみに、妙義・荒船の山容は、遠くから眺めるだけで、
妙義山・荒船山には、まだ登ったことはありません。
そのうちに、そのうちに、と思ってます。



mini_6673_sin_P4227035.jpg
◆IY塔屋看板

「サトーココノカドー」につられて写真を撮ったわけですが、
よく考えると、「イトーヨーカドー」の塔屋看板もかなり珍しい??わけで、
鈴木さんがトップだった時代に、塔屋看板は「セブン&アイ(i)」へと
どんどん変わってしまったわけですから^^w
こりゃ、撮っておく価値は十分あるでしょう!!



mini_6674_huji_P4227043.jpg
◆春日部駅西口 藤まつり

メインストリートは、春日部じゅう?の熟年女性が集まって
なにやら優雅に藤娘よろしく踊っています。
(昔だったら、太鼓をお年寄りが打って、
踊りは若い人だったろうに、なんや逆やね)
道路の中央から写真をシンメトリックに撮った次第ですが、
交通整理の観光協会のお兄さん(写ってませんけど)たちのガードが固くって
これ以上、前での撮影はあきらめました。
いっぽう、両脇の歩道は、屋台と人手であふれかえって
まともに進むのも困難。すでに、1万歩を超える暑中行軍でしたので、
ヲレの進軍はここまで。あとは、踵を返して駅へと向かいました。



mini_6675_huji_P4227040.jpg
◆春日部駅西口 藤まつり

少し残念だったのは、歩道に植えられた藤の品種の何種類か、
写真で撮り分けられなかったことです。まあ、事前調査が甘く、
お祭りの当日に出かけてしまったわけで、
藤の花の撮影には不向きなのは当然でございます。
混雑しすぎて美味しいものも食べられなかったわけで、
また、来年にでも、日を改めて参りましょう!!^^

☆撮影日:2018年4月22日(日)・・・埼玉県春日部市

藤棚と熊蜂ぶ~ん

mini_9941_huji_P4227020.jpg
mini_9942_huji_P4227017.jpg
mini_9943_huji_P4227021.jpg
mini_9944_huji_P4226984.jpg
mini_9945_huji_P4227001.jpg
◆藤棚と熊蜂ぶ~ん

藤棚の写真をもう少し載せておきましょう。
藤棚の下は涼しくっていい気持なんですけど、
なんせ、ぶ~ん、というクマバチの喧しい羽音が聞こえますので、
しばし、とどまっているのは、少しためらいがあります。

これら写真群は恣意的?かもしれませんが、
なんとなく藤棚の下には、人が少ないような感じがします。

クマバチは刺さない!ってわかっていても、こりゃ、大変!
まあ、少し離れて、外側の光に当たった花の様子を
鑑賞するのがエエのかもしれません。

なんで香り豊かな藤の花に、クマバチしか来ないのかってのは、
少し調べると、どうやら、花の蜜のある場所をこじ開けられるのは、
力持ちのクマバチだけのようです。
ニセアカシヤ、フジの花など、マメ科の植物にクマバチが集まるのは、
植物との話し合いができていて、いい関係(共生)にあるようです。
ぶ~ん!

☆撮影日:2018年4月22日(日)・・・埼玉県春日部市

大落古利根川(おおおとしふるとねがわ)河畔 桐の花

mini_51_kiri_P4226971.jpg
mini_52_kiri_P4226960.jpg
mini_53_kiri_P4226962.jpg
mini_54_kiri_P4226968.jpg
mini_55_kiri_P4226965.jpg
◆大落古利根川(おおおとしふるとねがわ)河畔 桐の花

「おおおとしふるとねがわ」、なかなか読めないですね^^
ま、春日部市にある「ふるとねがわ」河畔を歩いたってことです。
粕壁は、江戸時代には、奥州街道・日光街道の宿場町であり、
利根川水系の舟運で栄えた農産物などの集散地でもあったわけです。
市内の伝統産業には、桐材を使ったタンスや羽子板などもあるってことで、
桐は、「春日部市の木」だそうです。
じゃあ、藤は?藤は「春日部市の花」ってことで、
「木」か「花」か微妙な感じも受けますが、まあ、
細かいことはいいでしょう!^^
ふるとねがわの堤防には、植樹されたキリの花が今を盛りに咲いてました。
放っておくと大樹になるわけですが、
この桐の木は小さいながら遠くから見えるくらい適度な大きさで
花の撮影には、もってこいでした^^(藤ほど、人気がない花ですけど)

☆撮影日:2018年4月22日(日)・・・埼玉県春日部市
プロフィール

kurozowosan

Author:kurozowosan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
くろさんカウンタ
現在のアクセス
現在の閲覧者数:
時計
リラックマ時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード