FC2ブログ

【速報】ヘチマの花が咲きました^^

mini_11_hetima_20180731_052146.jpg
◆ヘチマ の花


mini_12_hetima_20180731_052224.jpg
◆ヘチマ の花


mini_13_hetima_20180731_052044.jpg
◆ヘチマ の花

Wikipedia先生によれば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ヘチマ(糸瓜、天糸瓜、学名:Luffa cylindrica (L.) Roem.、シノニムLuffa aegyptica Mill.)はインド原産のウリ科の一年草。また、その果実のこと。日本には室町時代に中国から渡来した。
つる性の植物。巻きひげで他のものに絡みつきながら生長する。花期は7 - 9月。雌花と雄花に分かれており、直径8cmほどの黄色い花を咲かせる。自家和合性で同一株で受粉が可能である。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今朝起きて、ベランダに出てびっくり!ヘチマの花が咲いてるんですが、なんと!大きなハイビスカスでしょう!デカっexclamation ×2びっくり目exclamation ×2( ̄□ ̄;)!!Wikipedia先生の説明の通り、花の直径は8cmはあるでしょう!キュウリの花なんか比べ物にならないくらい大きい花。一つしか咲いてないし、しかも雄花だし、今日、一日咲いて、明日は枯れるでしょう!!ま、このあと、毎日、新しい花が咲いて、雌花も咲くかもしれないけど、この生育環境下では大きな実がなることはないでしょう!!ほとんど雑草状態なんですが、もう少し様子を見てみましょう^^exclamation ×2

☆撮影日:2018年7月31日(火)・・・千葉県松戸市
スポンサーサイト

出羽三山・修験の道・・・その5 (湯殿山神社本宮参拝)

mini_5561_yudono_P7228680.jpg
①湯殿山神社本宮大鳥居
羽黒山のあと、湯殿山に向かいます。
湯殿山の駐車場にて、レンタカーを置いて、
さて、大鳥居の奥へ、お参りへ。



mini_5562_yudono_P7228684.jpg
②湯殿山案内板
ご神体のお湯の湧くお山は
ご由緒により、撮影禁止、
といったことが書いてます。。



mini_5563_yudono_P7228685.jpg
③本宮参拝バス
山歩き30分ってことですので、
上りは、バスで、下りは、徒歩で、
ってことに決定!



mini_5564_yudono_P7228690.jpg
④湯殿山のご由来
「語るなかれ」「聞くなかれ」ってことで、
本来、見てきたことを、語ったらあかんのですが、
それほど、プレゼン能力が高いわけでもありませんので、
山の神様も気にされないかと存じます。



mini_5565_yudono_P7228691.jpg
⑤参道入り口
バスに乗って、いよいよ参道の入り口に着いたのち、
お参りに向かいます。涼しい!!



mini_5566_yudono_P7228693.jpg
⑥撮影禁止の札
ここからご神域ですので、
「撮影禁止」ってことでカメラを仕舞います。
このあとのことは、語るなかれ!聞くなかれ!
芭蕉さんいわく、
♪語られぬ湯殿にぬらす袂かな♪
ヲレいわく、
お参りのあとの足湯にてズボンの裾を濡らしましたよ^^



mini_5567_yudono_20180722_145608.jpg
⑦バス発着所
帰り道は、バスをやり過ごし、歩いて駐車場まで。



mini_5568_yudono_P7228710.jpg
⑧赤い橋
途中の赤い橋。
ちょうど橋の真下に、砂防ダムの堰堤があって、
橋の左手と右手では、真下を見ると、大きな高低差。
滝の水音も聞こえます。
前を行く彼女も左右をキョロキョロ!!



mini_5569_yudono_P7228724.jpg
⑨湯殿山神社大鳥居
帰り道で、もういちど大鳥居をくぐりまして、
振り返って、さらに一礼。
ちょうど、月山から湯殿山経由で下山してきた
登山客の皆さんが和気あいあいと声をあげてましたょ^^

☆撮影日:2018年7月22日(日)・・・山形県鶴岡市

出羽三山・修験の道・・・その4(ご本殿・三神合祭殿)

mini_7761_kami_20180722_110228.jpg
①羽黒山・三神合祭殿
羽黒山神社山頂、414mにある、
茅葺屋根が圧巻の「三神合祭殿」でございます。



mini_7762_kami_P7228645.jpg
②羽黒山・三神合祭殿
社殿の中央には「月山神社」の額が見えますが、
三神合祭でございますので、
左に湯殿山、右に羽黒山の額が掛かってるんだと存じます。



mini_7763_kami_P7228654.jpg
③羽黒山・三神合祭殿
少し引いた場所からの写真でございます。
手前に、鐘楼額がございます。
こちらも茅葺でございます。



mini_7764_kami_P7228646.jpg
④鐘楼と建治の大鐘(国の重要文化財)
五重塔につぐ、ふる~い建物なんですね。
こうやって、鐘楼一つとっても、
なかなかに風情がございます。



mini_7765_kami_20180722_110205.jpg
⑤蜂子神社
出羽三山のご開祖・蜂子皇子を祀る. 蜂子神社.
でございます。(第32代崇峻天皇の御子蜂子皇子)
ご本殿の左手にございます。



mini_7766_kami_P7228651.jpg
⑥東照社
古い時代の宗教施設・建物をどうやって維持してきたのか、
縁起を読むうちにも、時々の権力者との関わり方が見えてきます。
(明治期に東照宮から東照社に改名したのにも理由があるんでしょうね)



mini_7767_kami_20180722_113157.jpg
⑦摂社・末社のオンパレード
お参りするする人は見当たりませんが、
それぞれに、ひとつひとつの社が立派でございます。



mini_7768_kami_P7228656.jpg
⑧駐車場への道
参集殿で「バスで麓へ降りることができる」との情報を得て、
バス停を探しつつ、ご本殿方面を振り返りながら、
羽黒山三神合祭殿での最後の写真を撮った次第です。



mini_7769_kami_P7228659.jpg
⑨ふもとまでのバス 600円
バス停にはすでにバスが待っていたわけですが、
少し茶店で喉を潤してから乗車。
「いでは記念博物館前(随身門前)」までの乗車。
レンタカーを停めた場所へ、らくちん乗車。

バス・ヘッドの広告によれば
東京まで行くバスがあるんだ(ま、当然か・・)

☆撮影日:2018年7月22日(日)・・・山形県鶴岡市

出羽三山・修験の道・・・その3(一の坂・二の坂・三の坂)

mini_7781_sugi_P7228587.jpg
①羽黒山参道・一の坂
じっとしていりゃ涼しいんだろうけど、
なんせ、坂道を登らねばなりません。
五重塔から三神合祭殿(本殿)までが修行でございます。



mini_7782_sugi_P7228588.jpg
②朴ノ木の木漏れ日
前にも書きましたが、ホオノキの葉っぱ、
キレイでございます。樹冠のほうに花を探しましたが見当たりません・・。
花期は、もう、終わってるんだろうな・・。



mini_7783_sugi_P7228592.jpg
③ヤマユリの花
参道の脇には、ヤマユリの花。残念ながら、あっちを向いてます。
目に止まる、花の数は、少ないです。
故郷の山にも、昔はたくさんあったように思いますが、
みんな、キレイだってんで、掘りつくしてしまったんでしょう・・。
少ないですな・・。



mini_7784_sugi_P7228595.jpg
④二の坂??
坂道を登っていて、つらくなったら、
登ってきた下を見るようにしています。
ここまで登ってきたんだと振り返るばかり。
(自己啓発本だったら、やってはいけない!と叱られそう??)



mini_7785_sugi_P7228600.jpg
⑤坂の途中の唯一の休憩所
独占企業??らしく、大賑わいでございます^^
休憩したかったんですが、先を急ぐんで、
わき目に見ながら、素通りでございます。



mini_7786_sugi_P7228602.jpg
⑥奥の細道・芭蕉句碑
♪涼しさや
  ほの三日月の
      羽黒山
ご存知、芭蕉さんも、
当然、この参道を歩いたんでしょう!
俳句では、「涼しい!」って言ってますが、
想像するに、坂道で汗をかいて、暑かった!ことを
逆説的に表現してるんではないかと思う次第です。
(ヲレの写真も見てるだけだったら、涼しげに見える??)



mini_7787_sugi_P7228617.jpg
⑦新しい社・・・埴山姫神社(はにやまひめじんじゃ)
参道沿いには、新しい建物の末社もあります。
常にメンテナンスされてきたんでしょうね^^



mini_7788_sugi_P7228621.jpg
⑧三の坂
三の坂を登り詰めれば、いよいよ本殿でございます。



mini_7789_sugi_P7228639.jpg
⑨出羽三山案内図
登り始めて時には、この道を往復して、また駐車場に戻ろうと思った次第ですが、
登り切ったあたりで、もう、十分に楽しんだってことで、帰り道は、バスで。
その写真とくだりは、このあとで・・。

☆撮影日:2018年7月22日(日)・・・山形県鶴岡市

出羽三山・修験の道・・・その2(羽黒山五重塔特別拝観)

mini_7731_haguro_P7228568.jpg
①羽黒山五重塔特別拝観
「奉祝 三神合祭殿再建二百年記念事業」ってことで、
羽黒山五重塔特別拝観ということでございます。



mini_7732_tou_P7228575.jpg
②羽黒山五重塔特別拝観
拝観料を納め、お祓いを受けたのち、
正面から、1階ゾーンに入ります。
中は撮影NGですが、左回りで一周です。
ここまでは、混雑は無しです。



mini_7733_tou_P7228577.jpg
③羽黒山五重塔特別拝観
次に左手の仮設のパイプ階段に登ります。
耐荷重に制限がありますので、並んで、
6人ずつくらいで、2階に上がります。
中を覗き込むのは2人ずつ。
這いつくばって、芯棒・柱など、拝見。
釘を使わず、藤の蔓などで縛ったりしてます。



mini_7734_tou_P7228578.jpg
④羽黒山五重塔特別拝観



mini_7735_tou_P7228579.jpg
⑤羽黒山五重塔特別拝観



mini_7736_tou_P7228580.jpg
⑥羽黒山五重塔特別拝観
2階ゾーンの写真は無しですが、
上から下を見たシーンは載せます。
なんだか、団体さんがお見えらしく
押すな押すなの大混雑でございます。


mini_7737_tou_P7228581.jpg
⑦羽黒山五重塔特別拝観



mini_7738_tou_P7228576.jpg
⑧羽黒山五重塔特別拝観



mini_7739_tou_20180722_100444.jpg
⑨羽黒山五重塔特別拝観
名残は惜しくもあったわけですが、
なんせ、先を急がねばなりませぬ。
修験の道を急ぎます。
涼しそうに見えますが、
結構、汗だくだくでございます。

☆撮影日:2018年7月22日(日)・・・山形県鶴岡市

出羽三山・修験の道・・・その1

mini_6681_syounai_20180722_080328.jpg
①おいしい庄内空港
少しまとめておこう!と存じます。
羽田から「おいしい庄内空港」へ。
ふだん、荷物を預けることはないわけですが、
今回、少し多かったので、預けたです。
ま、空港での到着便は、この便だけでしたので、
すぐに荷物も取れて、レンタカー場所へ。
ま、ここまではスムーズ。



mini_6682_miti_20180722_082836.jpg
②羽黒山への道。
高速道路ではないんですが、空いてて広い道。
しかし、行く手の山々はキリの中。出羽三山は見えまっせん。
さらに、ナビに入れた羽黒山の案内が微妙で・・、途中、
めっちゃ狭い山道に案内されて、結局、引き返すことに。



mini_6683_zuisin_P7228544.jpg
③随神門(ずいしんもん)
羽黒山の入り口は、随神門(ずいしんもん)。
こっから先はご神域でございます。



mini_6684_saka_P7228548.jpg
④まずは下り坂の階段。
羽黒山五重の塔を目指します。
まずは、下り坂で安心。
天然記念物の杉並木の参道、
涼しげでございます。



mini_6685_saka_20180722_093445.jpg
⑤参道のわきには、末社がたくさん。
りっぱな社が、並んでいまっす。



mini_6686_sinkyou_P7228555.jpg
⑥神橋から見る須賀の滝。
すがすがしい景色でございます。



mini_6687_taki_P7228559.jpg
⑦祓川と須賀の滝(はらいがわ・すがのたき)
本来は、ここで滝に打たれて、身の汚れを祓ってから
お参りすべきなんでしょうけど、観光客を一人一人、
滝行させるわけにもいかんので、ま、形式的なお参り。



mini_6688_sugi_P7228565.jpg
⑧爺杉
国の天然記念物である羽黒山杉並木。
中には、太い杉もたくさんあって、代表格の「爺杉」。
かつては「婆杉」もあったらしいんですが、いまは倒れて不在。
代わりに、若々しい「娘のような杉」がたくさん並んでいます。



mini_6689_sugi_P7228567.jpg
⑨爺杉の右奥に、五重の塔

爺杉で頭を下げて、ふと右手を見れば、
もうそこに、国宝の五重の塔があります。

さらに、出羽三山・修験の道はつづく・・。

☆撮影日:2018年7月22日(日)・・・山形県鶴岡市羽黒町

月山 / 木道沿いの植物たち他 (その2)

mini_8851_sirobanatoutikusou_P7238911.jpg
◆シロバナトウチクソウ

カライトソウかと思いましたが、どうやら
シロバナトウチクソウ、でしょう!


mini_8852_benibanaichigo_P7238814.jpg
◆ベニバナイチゴ

下向きに咲く花ですので、少し前を向けて撮りました。
イチゴは、実が生った写真も撮れていますが、
この花かどうかはわかりません。


mini_8853_iwaityou_P7238837.jpg
◆イワイチョウ

イワイチョウは、いっぱい咲いてました。
そのわりに、ちゃんと撮れている写真は少ないかな^^


mini_8854_gozentatibana_P7238809.jpg
◆ゴゼンタチバナ

葉っぱが完全でないし、
いいふうに撮れてる写真がないです。
去年の会津駒ヶ岳の方が、きれいに撮れたかも^^


mini_8855_karamatu_P7238899.jpg
◆カラマツソウ

センジュガンピ??かと思ったんですが、
やっぱり、カラマツソウの仲間でしょう^^


mini_8856_hototogisu_P7228722.jpg
◆タマガワホトトギス

この花は、湯殿山の参道(バス道路わき)で見つけた花です。


mini_8857_nikkoukisuge_P7238842.jpg
◆ニッコウキスゲ

月山での撮影。まだ蕾の株も多かったです。
まだまだこのあと、たくさん咲くようでした。


mini_8858_tougebuki_P7238910.jpg
◆トウゲブキ

この手の黄色い花は、名前の特定が難しいんですが、
とりあえず、トウゲブキ、ってことで載せておきます。



mini_8859_yotubahiyodori_P7228698.jpg
◆ヨツバヒヨドリ

ちゃんと撮れてはいないんですが、
これも記録として載せておきましょう^^

花々写真は、もう少し続きます。

☆撮影日:2018年7月23日(月)・・・山形県西村山郡西川町ほか

月山 / 木道沿いの植物たち (その1)

mini_8811_mokudou_P7238838.jpg
◆月山への木道



mini_8812_yotubasiogama_P7238891.jpg
◆ヨツバシオガマ



mini_8813_oobakisumire_P7238904.jpg
◆オオバキスミレ



mini_8814_umebati_P7238845.jpg
◆ウメバチソウ


mini_8815_hakusantidori_P7238879.jpg
◆ハクサンチドリ

月山登山道沿いの植物群、
あまり種類が撮れたわけではありませんが、
それでも何枚か撮れましたので、載せておきます。
・・・と言いつつ、名前が特定できずに、
まだ、掲載をためらっている花々もございます^^

☆撮影日:2018年7月23日(月)・・・山形県西村山郡西川町

月山志津温泉 朝ごはん

mini_5541_hitokuti_20180723_050420.jpg
◆月山志津温泉 



mini_5542_onsen_20180723_045947.jpg
◆月山志津温泉 



mini_5543_gassan_20180723_051125.jpg
◆月山志津温泉 五色沼



mini_5544_numa_P7228744.jpg
◆月山志津温泉 五色沼



mini_5545_asamesi_20180723_070919.jpg
◆月山志津温泉 朝ごはん

さて、月山志津温泉での朝ごはん。
宿からみえる五色沼ごしの月山が見えるはずでしたが、
残念ながらガスの向こうです^^

朝風呂に入りながら(一口酒は飲みませんでした^^)
窓越しの月山はなしでしたが、そのあとの朝ごはん。
庄内米「つや姫」、お代わりもいただきました。

美味しゅうございました^^
ごちそうさまでございます。

☆撮影日:2018年7月23日(月)・・・山形県西村山郡西川町

月山志津温泉/夏メニュー「文月の膳」

mini_5511_beer_P7228754.jpg
◆食前酒は、こくわ酒

食事の写真は、
月山志津温泉/変若水(おちみず)の湯 つたや
夏メニュー「文月の膳」でございます。

食前酒は、もちろん、ビールではなく、
こくわ酒、でございます。



mini_5512_ayu_P7228758.jpg
◆鮎の塩焼き

焼きたての鮎の塩焼き、
汗をかいたあとの塩味、苦み、
とても心地ようございます。



mini_5513_gyu_P7228770.jpg
◆特選山形牛の鉄板焼き

これはもう、
説明する必要のない旨さでございます。



mini_5514_ten_P7228773.jpg
◆揚げ物は、カボチャ、茗荷、オクラ

個人的にはオクラ、少し苦手なんですが、
抹茶塩でいただく天麩羅、GOOD!です。



mini_5515_gokokumai_P7228768.jpg
◆古代黒米ご飯、いりか汁、茄子漬・蕪漬け

せっかく、米どころの庄内地方に来たんですから、
白米でよかったのに・・と思いましたら、ちゃんと
朝ごはんで、てんこ盛りの「山形のお米 つや姫」
いただきました^^(その写真はあらためて^^)

食べ物写真は、つづく・・

☆撮影日:2018年7月22日(日)・・・山形県西村山郡西川町
プロフィール

kurozowosan

Author:kurozowosan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
くろさんカウンタ
現在のアクセス
現在の閲覧者数:
時計
リラックマ時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード