FC2ブログ

【6月の白い花シリーズ】クチナシ ハンゲショウ ヒツジグサ

mini_5541_kutinasi_P6282284.jpg
【6月の白い花シリーズ】
①クチナシ

白い花シリーズかな?
クチナシの花、虫に狙われて茶色いのが多いので、
白い花を探して、何とか一枚撮影^^




mini_5542_hangesyou_P6282292.jpg
②ハンゲショウ

今年の半夏生は7月2日だそうです。
ま、ここ数年、恒例行事のごとく、
ハンゲショウの写真をあげてますので、
むりやり、撮りおろしを一枚^^




mini_5543_hitujigusa_P6282302.jpg
③ヒツジグサ

在来種のスイレン、ヒツジグサでございます。
水辺の花なんですけど、これは水盤のような場所で栽培。
ヤブカの温床でございます。
撮影時にも、蚊にやられながら、なんとか一枚!!

梅雨のこの時季、不快害虫に注意でございます^^

☆撮影日:2019年6月28日(金)…墨田区東向島
スポンサーサイト

ヒメヒオウギズイセン ほか

mini_8811_hime_P6282289.jpg
①ヒメヒオウギズイセン アヤメ科 ヒオウギズイセン属

これは、観賞用だった花が、やたら増えすぎて困った、っていう例、
しかも、かなり時代的には、初期の園芸植物なんですな。
個人的には、昔は見たものの、最近は、ある意味、
珍しい花の一つになってますけど…。

Wikipedia先生によれば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(前略)両親は南アフリカ産ではあるが、耐寒性に優れ、また繁殖力も旺盛、日当たりの良い荒れ地から林床のような日陰、乾燥地帯から湿地にも耐え、全世界で野生化している。佐賀県では移入規制種の指定を受けており、栽培が条例で禁止されている[5]。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





mini_8812_tosahimeyuri_P6282253.jpg
②トサヒメユリ

この赤い花、植木鉢での展示植物です。
去年より、キレイに撮れたかな??
花は、もう終わりかけていますね。





mini_8813_yabukanzou_P6282265.jpg
③ヤブカンゾウ

オレンジ色の花が出てきましたので、
少し意識してみました。
ヤブカンゾウ、八重なので、
表情がそれぞれ個性的です。




mini_8814_nouzen_P6282278.jpg
④ノウゼンカズラ

ノウゼンカズラの花、撮影には、
青空の方がいいかもしれません。
もうすこし派手に咲いたところを写したいですね^^




mini_8815_zakuro_P6282316.jpg
⑤ザクロ

もう、花は終わりで、
小さい実がたくさんできていました。
奥の方に残った、ひとつの花を載せておきましょう^^

☆撮影日:2019年6月29日(金)…墨田区東向島

オニグルミ  クルミ科 クルミ属

mini_5511_onigurumi_P6272217.jpg
①オニグルミ  クルミ科 クルミ属

去年より、実の大きさはド派手ですが、
数としての実の付き方は、良くないですな・・。
落果(落下)する頃のチェックが必要なんですけど、
去年も見過ごしています。
今年は、どうなりますことか・・。

Wikipedia先生によれば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
オニグルミは落葉高木で、日本と樺太に分布する。日本においては九州から北海道にかけて広く分布する。主に山間の川沿いなどでよく見られる。大型の奇数羽状複葉で、特に初夏の開花時期には垂れ下がった雄花序と共によく目立つ。
花期は5 - 6月ごろ、風媒花で雌雄同株。雌花は新枝の先に10個ほど穂になって咲き、雌蕊は真っ赤で二股である。 雄花は前年の枝に多数房となって垂れ下がる。
種子(仁)は食用になるが、広く市販されるテウチグルミやシナノグルミに比較してやや小さく、殻が厚めで非常に堅いので、仁を綺麗に取り出すのは容易ではない。その分、味は濃厚で保存性が良い。また、リスやネズミの食料としても重要である。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




mini_5512_onigurumi_P6272218.jpg
②オニグルミ

同じような写真を何枚か載せていますけど、
また、経年的な写真の具合を見たいときに、
参考資料にするには、何枚かあったほうが、よさそうなので、
5枚組写真を載せましょう!!





mini_5513_onigurumi_P6272219.jpg
③オニグルミ

見上げる写真、曇り空なりの出来栄えで
まあ、ええでしょう!






mini_5514_onigurumi_P6272220.jpg
④オニグルミ

このまま食えそうな気もしますが、
まさに、気のせいです・・。
殻が固いので、敬遠されるそうです。
まあ、市販のクルミの実を買った方が早そうです。





mini_5515_onigurumi_P6272221.jpg
⑤オニグルミ

数十年前に、甲斐大泉あたりの釣り堀に、観光の帰りに寄って、
係りのオジサンに、釣り堀の水辺に落ちてたシナノグルミの種をもらってきて、
少し干しておいて、ナッツクラッカーで割って食べたことを思い出しました。
そんなこともあったなあ…。w

☆撮影日:2019年6月27日(木)…千葉県松戸市

オカトラノオ

mini_8811_190627_oka_P6272231.jpg
①オカトラノオ サクラソウ科オカトラノオ属

Wikipedia先生によれば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
高さは、50cmから100cm。葉は茎に互生し、葉柄があり、長楕円形で全縁。花期は6月から7月で、白色の小さな花を茎の先に総状につけ、下方から開花していく。花穂の先端が虎の尾のように垂れ下がる。
高さは、50cmから100cm。葉は茎に互生し、葉柄があり、長楕円形で全縁。花期は6月から7月で、白色の小さな花を茎の先に総状につけ、下方から開花していく。花穂の先端が虎の尾のように垂れ下がる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

21世紀の森と広場の野草園にて撮影。

6月から7月にかけて、白い花を咲かせます。
なんだかんだ、ここ10年くらい、けっこう、
撮ってますな^^

☆撮影日:2019年6月27日(木)…松戸市




mini_8812_180722_yudonosan_P7228751.jpg
②オカトラノオ

こりゃ、去年、山形県で撮影。
湯殿山の参道沿いの道で撮ったんだな。

☆撮影日:2018年7月22日(日)…山形県鶴岡市




mini_8813_180608_oka_20180608_110653.jpg
③オカトラノオ

本佐倉城址で撮ったオカトラノオ。
日本百名城の佐倉城ではなく、
隣の本佐倉城址でございます。

こうしてみると、わずかな場所でも
ちゃんと群落を形成しているところを撮ると、
イイ感じの写真になりますな^^

☆撮影日:2018年6月8日(金)…佐倉市




mini_8814_150720_oka_P7201611.jpg
④オカトラノオ

六甲高山植物園で撮影。
これは管理されていますね^^

☆撮影日:2015年7月20日(月)…神戸市




mini_8815_140706_kouzansyokubutuen_P7062086.jpg
⑤オカトラノオ

連続して、これも
六甲高山植物園で撮影。
単品よりも、やっぱし、
群落の方がいいですな^^

☆撮影日:2014年7月6日(日)…神戸市




mini_8816_100618_kokurajou_DSCF6977.jpg
⑥オカトラノオ

こりゃ、小倉での撮影です。
花を見れば、そこで、
ちゃんと、撮ってますね。

☆撮影日:2010年6月18日(金)…北九州市




mini_8817_080705_sinrinsyoku_DSCF2767.jpg
⑦オカトラノオ

神戸市森林植物園での撮影?
ではなくて、登山路の途中での撮影です。
ダム湖の洞川湖の東岸あたりでしょう。

☆撮影日:2008年7月5日(土)…神戸市

カルガモ観察

mini_11_karu_P6272227.jpg
①カルガモ

雨が降るかと、傘など持ち、少し構えて行ったわけですが、
なんとも、降らずに、どんより曇天のお散歩となりました。

カルガモ親子?といっても、
子ガモたちも、そこそこ大きいんで、
あまり写真映えしませんですが、
小さな池で観察できましたので、
載せておきましょう。
??このシーン、少し前に撮っていたかな??




mini_12_kamo_P6272238.jpg
②カルガモ

田んぼの脇の調整池のような水たまりで
忙しげに餌を食ってます。
あぶれオスなのかな??





mini_13_kamo_P6272215.jpg
③カルガモ

大きな池の別の個体群。リーダー格でしょうか、
のんびり、池の端っこで羽根を休めています。
けっこう、太っちょに見えます。
食料の不足はないようです^^

☆撮影日:2019年6月27日(木)…千葉県松戸市

【小さなハチ図鑑】 ヒメハナバチ?

mini_11_pora_20190626_095955.jpg
【小さなハチ図鑑】
①ポーラチュカ

夏の花が本格的に咲き始めました。
ポーラチュカ、まだまばらですが、
これからフラワーポットいっぱいに
花が広がりそうです。




mini_12_himehanabati_20190626_100002.jpg
②ヒメハナバチ?

花に、小さな蜂が飛んでます。
撮ろうとしたら、奥の方へ隠れてしまいました。
そもそも、ハチの姿がわからん写真に
なってしまいました。




mini_13_ookinkei_20190626_095015.jpg
③オオキンケイギク

ヒメハナバチの仲間でしょうか。
小さな蜂がオオキンケイギクにとまってます。
おなかのデザインも顔つきもわかりません。
これでは、種の特定はできませんね。




mini_14_hati_20190626_095016.jpg
④ヒメハナバチの仲間?

もう少し大きな写真でと、
トリミングしてみましたが、
なかなかわかりません・・。

ま、、とりあえず載せておいて、
また調べてみましょう!!




mini_15_oohanngonsou_20190626_094953.jpg
⑤ムラサキバレンギク?

まあ、
オオハンゴンソウみたいなもんですが、
ムラサキバレンギクには、
蜂類は来てませんでした・・。
やっぱし、ハチは黄色が好きなんですかね。

☆撮影日:2019年6月27日(水)…千葉県松戸市

【季節の果物】 ヤマモモ話

mini_10_2013yamamomojamu_DSC_1015.jpg
【季節の果物…ヤマモモ話】
①山桃ブッセ (阿波の果物市)

さて、季節の果物、ヤマモモ。
ヲレのブログ、キーワード「ヤマモモ」で検索しましたら、
けっこう、出てきますね^^ ヤマモモの樹林帯や、
なんと、お菓子なんかも出てきました。
少し、まとめ記事に残しましょう!

酸味のきいたヤマモモ・ジャムを
挟んだブッセでございます。

☆撮影日:2013年2月26日(火)・・・・神戸市



mini_11_2005_DSCF0012.jpg
②初期のヤマモモ写真

なんで、こんな未熟な写真を載せたんだろう?
まあ、季節感を示したかったんでしょう!

☆撮影日:2005年6月23日…千葉県松戸市




mini_12_2006_DSCF1784.jpg
③ヤマモモの群生地

神戸市須磨区、須磨寺・奥の院への参道沿いでございます。
ヤマモモの大木が、た~くさん並んでいます。
明るい樹林帯でございます。
^^
★撮影日:2007年4月29日(日)・・・・・神戸市須磨区




mini_13_2011_DSCF4563.jpg
④ヤマモモ

少し暗い仕上がりの写真ですが、
伊豆に旅行した際の写真ですね。
了仙寺の近く、ヤマモモの実が、
ちょうどいい感じで熟しています。

☆撮影日:2011年7月2日~3日・・・・伊豆にて




mini_14_8810_2014yamamomo_DSCF1837.jpg
⑤ヤマモモの実 道の駅にて購入

(文章も再掲↓)
島根県の安来市を訪れたのが、2014年7月1日。
レンタカーで仕事。道の駅で休憩したときに、買い求めたのが
写真のヤマモモ、1パック。150円、安っ!
買い求めて、さっそくいただきましたが、実が赤かったこともあって、
酸っぱかった~><。ま、運転で眠かったのが、
目の覚める結果となったわけで、OK!でございます^^

☆撮影美:2014年7月1日・・・島根県安来市



mini_15_21_2015yamamomo_P6271443.jpg
⑥散乱するヤマモモの実

神戸市での写真、
須磨離宮公園から、新長田へ自転車でビューンと戻ろうとして、
最初の小さな公園に差し掛かったところ・・、
ヤマモモの落果で路面が真っ赤です。
なかなかぜいたくな風景です^^

☆撮影日:2015年6月27日(土)・・・・神戸市須磨区




mini_16_41_2016yamamomo_P6242258.jpg
⑦ヤマモモ

わかりにくいですが、このヤマモモは、園芸品種。
甘くって大きな実を収穫できます。
まあ、嫌いな人にとっては、
大きくても小さくても関係ないですけどね^^

☆撮影美:2016年6月24日(金)・・・千葉県鴨川市




mini_17_2017yamamomo_20170622_115416.jpg
⑧ヤマモモの実 完熟!

ここは、自宅のあるマンション近くの公園です。
たくさんの実が生ってます。

☆撮影美:2017年6月22日(木)・・・千葉県松戸市




mini_18_2017yamamomo_20170622_115357.jpg
⑨ヤマモモの実 完熟!

ああ、本来、この場所に、
今年の出来具合を載せればよかったんですけど、
ま、今日、今日にでも、ちらっと、見てきましょう!

☆撮影美:2017年6月22日(木)・・・千葉県松戸市

【カエル図鑑】 モリアオガエル? ほか

mini_7711_moriao_DSCF7188.jpg
【カエル図鑑】
①モリアオガエル?

さて、朝から本降りの雨でございます。
昨日のマンションの玄関で、
ヒキガエルらしき声を聴きました。

このところカエル写真を載せてなかった?ので、
久しぶりに「まとめ写真」してみます。

☆撮影日:2010年6月20日(日)・・・神戸市中央区



mini_7712_tamago_DSCF7194.jpg
②モリアオガエル(卵塊)

モリアオガエルは、なかなか判別しにくいカエルですが、
卵塊下の池で見つけましたので、まあ、近いかなと
前出の写真にモリアオガエル?と命名しました。

☆撮影日:2010年6月20日(日)・・・神戸市中央区・猩々池(大師道)




mini_7713_kaeru_DSCF6076.jpg
③モリアオガエル?

このカップルなんか、
アマガエルかシュレーゲルアオガエルか
モリアオガエルかわかりませんが、
とりあえず可愛いので載せておきます。

☆撮影日:2010年6月20日(日)・・・神戸市北区(森林植物園)





mini_7714_kaeru_DSCF7128.jpg
④シュレーゲルアオガエル

この個体なんか、やたらデカかったですが、
たぶん、シュレーゲルアオガエル、でしょう!!

☆撮影日:2012年8月16日(木)・・・千葉県鴨川市




mini_7715_amagaeru_20190513_144338.jpg
⑤ニホンアマガエル

ブドウの葉っぱで見つけたこの個体もデカかった。
まだ寒い時季でおとなしくしてて、
撮りやすかった~^^
まあ、ニホンアマガエルでしょう!

☆撮影日:2019年5月13日(月)…千葉県鴨川市





mini_7716_tono_DSCF9520.jpg
⑥トノサマガエル

ヲレが小さいころは、たくさんいたと思うんですが、
今や、トノサマガエルを見かけることは
ほとんどないです。
ヲレ的には、貴重な写真です。
熊野本宮旧社地 大斎原での撮影でございます。

☆撮影日:2010年10月23日(土)・・・和歌山県田辺市本宮





mini_7717_usigaeru_DSCF5856.jpg
⑦ウシガエル
(鼓膜が大きいのでオスかな??)

特定外来生物のウシガエルさん。
珍しくもなんともない、どこにでいるカエルです。
やたら、うるさい、モ~も~鳴くカエルです。

☆撮影日:2013年6月9日(日)・・・・神戸市須磨区





mini_7718_kaeru_DSCF6079.jpg
⑧ウシガエル

それでも、こんだけ大きいと
なかなかこれはこれで珍しい写真であります。
しかし、よく掴めるな!尊敬します!
ちゃんと手を洗ってね^^と言いたい!!
松戸市「21世紀の森と広場」公園でございます^^

☆撮影日:2010年5月3日(月)・・・千葉県松戸市



mini_7719_hiki_DP2M4220_resize.jpg

⑨アズマヒキガエル

マンションの植え込みの住人!
5年前の写真ですが、
ヒキガエルの寿命は10年くらいありますんで、
せっかくの雨の日ですんで、声の方向をたよりに、
少し探してみようと思います。

☆撮影日:2014年10月25日(土)・・・千葉県松戸市

【カメムシ図鑑】 キンカメムシ ほか

mini_2231_kinkame_P3229347.jpg
【カメムシ図鑑】
①キンカメムシの仲間(幼齢虫?)

今朝、長男がカメムシの写真をスマホで送ってきました。
決して、嫌がらせ、ではなく、虫好きの父親に見せたかったのだと存じます。
写真は、たぶん、クサギカメムシだと思うわけですが、
横からの撮影だったので判然としません・・。

そこで、過去にどのくらいカメムシ写真をネットにあげたか
検索してみますと、これが意外に少ない・・・。
9枚くらいしかないわけで、
しかも、最もポピュラーなマルカメムシもいない・・・。

とりあえず、9枚だけまとめておこうと思います。

☆撮影日:2019年3月22日(金)・・・千葉県松戸市





mini_2232_togekame_P4239614.jpg
②トゲカメムシ?(幼齢虫)

まあ、「カメムシ図鑑」と言いつつ、
名前は、適当につけてますので、
あまりあてにしないでくださいませ。
まあ、自分のメモ代わりに、
とりあえず、ネーミングして、
また、次の機会に、修正していく、
ってスタイルで載せていこうと存じます。

ああ、この植物は、クレソンです。

☆撮影美:2016年4月23日(土)・・・千葉県松戸市




mini_2233_kame_DSCF3383.jpg
③ブチヒゲカメムシ

ヒガンバナの花の上で、かわいくこっちを向いています。

☆撮影日:2014年9月21日(日)・・・・神戸市中央区




mini_2234_kame_DSCF7167.jpg
④チャバネアオカメムシ

こりゃ、ピーマンの枝にとまってます。

☆撮影日:2012年8月16日(木)・・・千葉県鴨川市




mini_2235_kame_DSCF6955.jpg
⑤オオクモヘリカメムシ?

窓の網戸にへばりついてます。
夜の電灯に誘われて来訪だと思います。
細身のカメムシです。
クモヘリカメムシの仲間は臭わないのかな・・。
再度、調べることが必要かもしれません。

☆撮影日:2011年9月3日(土)・・・・神戸市ほか




mini_2236_kame_DSCF4616.jpg
⑥アオクサカメムシ

あおいカメムシはキレイですね^^

☆撮影日:2008年9月9日(火)・・・神戸市長田区




mini_2237_kame_DSCF4209.jpg
⑦エゾアオカメムシ

これは、山道でみかけたカメムシです。

☆撮影日:2008年8月24日 ・・・富山県



mini_2238_kame_DSCF3620.jpg
⑧クサギカメムシ

ポピュラーなカメムシです。
茶系の迷彩柄っぽい、あんましきれいくないカメムシです。

☆撮影日:2006年5月21日(日)・・・・千葉県松戸市八柱霊園





mini_2239_kame_DSCF0025.jpg
⑨緑色のカメムシ

アオクサカメムシの幼齢虫かもしれません。
昔の写真です。カメラも古いんで、画像サイズが小さいですが、
カメムシの大きさも小さいです。

☆撮影日:2004年10月2日 ・・・神戸市

夏のスイーツ

mini_9911_mango_20190621_200339.jpg
◆夏のスイーツ

さて、今日は、夏至でございます。
夏のスイーツ、いただきました。

美味しゅうございました。

さて、今日は、このあと
お出かけでございます^^

☆撮影日:2019年2019年6月21日(金)…松戸市
プロフィール

kurozowosan

Author:kurozowosan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
くろさんカウンタ
現在のアクセス
現在の閲覧者数:
時計
リラックマ時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード