FC2ブログ

【鳥類図鑑】 ①ハジロカイツブリ

mini_5511_hajimokaituburi_P2090122.jpg
【鳥類図鑑】
①ハジロカイツブリ カイツブリ目カイツブリ科カンムリカイツブリ属

さて、谷津干潟、
鳥の種類が少ないと嘆いていましたが、
もう一種、撮ってました。

この写真、出来栄えは、全然ですけど、
ハジロカイツブリ、ですな^^w





mini_5512_kaituburi_P1205111.jpg
②ハジロカイツブリ カイツブリ目カイツブリ科カンムリカイツブリ属

Wikipedia先生によれば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
全長は30cmほど[2][3] (28-34 cm[4][5]) で、カイツブリより少し大きくハトくらいの大きさ。翼開長は約57cm[2] (56-60 cm[4]) 、体重265-450 g[6]。目が赤く、くちばしがわずかに上に反っている。冬羽はのどから腹にかけて白く、他が黒い。夏羽では頭部と背中が黒、わき腹が褐色、腹が白となり、後頭部にイワトビペンギンのような鈍い金色の飾り羽があらわれる。雌雄同色[3]。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あまりに小さいので、何かの幼鳥かと思って、
相手にしてなかったんですけど、
ちゃんと、冬鳥、冬羽の成鳥なんですな^^w

今度の機会に、ちゃんと撮りましょう!!



mini_5513_kaituburi_P1205114.jpg
③ハジロカイツブリ カイツブリ目カイツブリ科カンムリカイツブリ属

Wikipedia先生によれば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
海岸、港湾、河口、河川の下流域、湖沼、池に生息する[2][7]。他のカイツブリと同じように、水にもぐって小型の魚や貝、水生昆虫、甲殻類を捕食する[7]。繁殖期には湖や池の水草が多い区域に浮き巣を作り、通常4卵を産む。卵は緑白色だが汚れて赤褐色になる。抱卵日数は20-21日[8]。春の渡りの前には100羽以上の群れを作ることもある。「ピー」、「プィッ」と鳴く[2]。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

エサ取りしてる写真です。
なにやら、ゴカイのようなものを咥えています。
得意げな顔です^^w



mini_5514_hajirokaituburi_P1205125.jpg
④ハジロカイツブリ カイツブリ目カイツブリ科カンムリカイツブリ属

かなり、小さいですね。
確かに、鳩より小さいかもしれません・・。



mini_5525_hajirokaituburi_P1205120.jpg
⑤ハジロカイツブリ カイツブリ目カイツブリ科カンムリカイツブリ属

二羽で泳いでいますので、カップルかもしれません。
雌雄、おんなじ柄なんですな^^区別しにくい・・。

☆撮影日:2020年1月20日、2月9日…千葉県習志野市・船橋市
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kurozowosan

Author:kurozowosan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
くろさんカウンタ
現在のアクセス
現在の閲覧者数:
時計
リラックマ時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード