FC2ブログ

【春の植物図鑑】  アカヤシオ ほか

mini_8141_akayasio_DSCF5353.jpg
【春の植物図鑑】
①アカヤシオ ツツジ科

あの頃は、六甲高山植物園のアカヤシオを、
毎年、楽しみにして、写真を撮っていたんですな^^
鈴鹿山脈の御在所岳に大群落が
あるのはわかっていたんですが、
花の季節に山歩きをすることはできませんでした・・。

☆撮影日:2010年4月11日…神戸市



mini_8142_akayasio_DSCF8860.jpg
②アカヤシオ ツツジ科

Wikipedia先生によれば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
分布は、福島県から兵庫県。
別名はアカギツツジ(赤城躑躅)、ヒトツバナ。
花は淡い紅色で、枝先に1輪つける。
栃木県の県花として選ばれている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆撮影日:2009年4月12日…神戸市


mini_8143_akayasio_DSCF3072.jpg
③アカヤシオ ツツジ科

栃木県とか群馬県とか、
群生地はありそうですな^^
また、機会を見つけて、
花の季節に訪問したいと存じます。

☆撮影日:2011年4月17日…神戸市


mini_8144_tamusiba_DSCF3123.jpg
④タムシバ モクレン科

Wikipedia先生によれば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
タムシバ(田虫葉、学名:Magnolia salicifolia)はモクレン科モクレン属の落葉小高木。別名を「ニオイコブシ」といい、花には芳香がある。早春に白い6弁花を葉に先立って咲かせる。
花はコブシに似るが、コブシが花の下に葉が一枚ついているのに対し、タムシバは花の下に葉がないので見分けは容易である。
葉はコブシの葉が広倒卵形であるのに対し、タムシバは広披針形または長楕円形で、かつタムシバの方が細長い。葉裏もタムシバの葉裏は白味を帯びている(コブシは緑色)。またタムシバの葉は噛むと独特の甘味がある。
果実は袋果が集まった集合果で、タムシバの果実はコブシに比べるとやや小型で、形も捻じ曲がらない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Wikipedia先生は、「見分けは容易である」って言いますけど、
コブシとタムシバの見分け方、容易ではありません・・。
とりあえず、看板の名前を信じて、それぞれの写真を命名しておきます。
遠目には、全然、変わらんでしょ!^^w

☆撮影日:2011年4月17日…神戸市


mini_8145_kobusi_DSCF8861.jpg
⑤コブシ モクレン科

タムシバ、コブシ、そのほか、さらに、白モクレンがあるんですから、
なかなか識別は、難しいですな^^w そうそうモクレンも載せねば・・。

Wikipedia先生によれば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
コブシ(辛夷、学名:Magnolia kobus)は、モクレン科モクレン属の落葉広葉樹の高木。早春に、他の木々に先駆けて白い花を梢いっぱいに咲かせる[2]。
日本の全土(北海道・本州・四国・九州)および、朝鮮の済州島に分布する[9]。日本特産で、山地の湿った平地に好んで生えている[9][6]。また、庭木にされたりもする[9]。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆撮影日:2009年4月12日…神戸市
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kurozowosan

Author:kurozowosan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
くろさんカウンタ
現在のアクセス
現在の閲覧者数:
時計
リラックマ時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード