FC2ブログ

【不要不急の植物図鑑】 ハナニラ 他

mini_1111_hananira_20200313_122903.jpg
【不要不急の植物図鑑】 ハナニラ 他
①ハナニラ ネギ亜科 ハナニラ属

さて、本日は、春がすみの暖かな日差しでして、
不要不急ではございますが、駅近くまで散歩して、
ファストフード店でランチ。

帰り道、DS酒屋さんの土手にハナニラの群落を見つけまして、
写真を撮りました。なんか、輝いてる感じです^^w

Wikipedia先生によれば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ハナニラ(花韮、学名:Ipheion uniflorum)はネギ亜科ハナニラ属に属する多年草[2]。 イフェイオン、ベツレヘムの星とも呼ばれる[要出典][* 2]。 原産地はアルゼンチン[2]。
日本では、明治時代に園芸植物(観賞用)として導入され、逸出し帰化している[2]。
葉にはニラやネギのような匂いがあり[2]、このことからハナニラの名がある。野菜のニラ(学名 Allium tuberosum )は同じ亜科に属するが、別属である。
球根植物であるが、繁殖が旺盛で植えたままでも広がる[2]。鱗茎から10-25cmのニラに似た葉を数枚出し、さらに数本の花茎を出す[2]。開花期は春で、花径約3cmの白から淡紫色の6弁の花を花茎の頂上に1つ付ける[2]。地上部が見られるのは開花期を含め春だけである[2]。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



mini_1112_hati_20200313_123206.jpg
②ハナニラとハナアブ?

…とそこへ、おあつらえ向きのハナアブ?が飛んできて、
花にとまりましたので、何枚か、適当に撮りました。


mini_1113_hananira_20200313_123209.jpg
③ハナニラ ネギ亜科 ハナニラ属

花芯をめがけて、潜り込もうとしています。
ピンボケやら、羽根が邪魔して、おなかのデザインがわかりません。
虫の種が特定できません・・。


mini_1114_hananira_20200313_123210.jpg
④ハナニラ ネギ亜科 ハナニラ属

ええ感じに、連続写真になりましたので、
続けざまに同じような写真を載せておきます。



mini_1115_hananira_20200313_123212.jpg
⑤ハナニラ ネギ亜科 ハナニラ属

完全に虫の姿が見えなくなりそうかなと思ったんですが、
ちゃんとお尻だけは見えていますね^^


mini_1116_hananira_20200313_123218.jpg
⑥ハナニラ ネギ亜科 ハナニラ属

⑤から⑥にうつる時間は、わずか6秒。
花の蜜と花粉を食べて、満足そうでございます。
目の形から、アブではなくてハチのようです。
しかも、小型ではありますが、ミツバチでなく、
狩りバチの仲間かもしれまっせん…。
この辺は、また次の課題にしておきましょう!!

(こんんど、狩りバチの仲間も特集したいです・・・。)

☆撮影日:2020年3月13日(金)…千葉県松戸市
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kurozowosan

Author:kurozowosan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
くろさんカウンタ
現在のアクセス
現在の閲覧者数:
時計
リラックマ時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード