FC2ブログ

出羽三山・修験の道・・・その4(ご本殿・三神合祭殿)

mini_7761_kami_20180722_110228.jpg
①羽黒山・三神合祭殿
羽黒山神社山頂、414mにある、
茅葺屋根が圧巻の「三神合祭殿」でございます。



mini_7762_kami_P7228645.jpg
②羽黒山・三神合祭殿
社殿の中央には「月山神社」の額が見えますが、
三神合祭でございますので、
左に湯殿山、右に羽黒山の額が掛かってるんだと存じます。



mini_7763_kami_P7228654.jpg
③羽黒山・三神合祭殿
少し引いた場所からの写真でございます。
手前に、鐘楼額がございます。
こちらも茅葺でございます。



mini_7764_kami_P7228646.jpg
④鐘楼と建治の大鐘(国の重要文化財)
五重塔につぐ、ふる~い建物なんですね。
こうやって、鐘楼一つとっても、
なかなかに風情がございます。



mini_7765_kami_20180722_110205.jpg
⑤蜂子神社
出羽三山のご開祖・蜂子皇子を祀る. 蜂子神社.
でございます。(第32代崇峻天皇の御子蜂子皇子)
ご本殿の左手にございます。



mini_7766_kami_P7228651.jpg
⑥東照社
古い時代の宗教施設・建物をどうやって維持してきたのか、
縁起を読むうちにも、時々の権力者との関わり方が見えてきます。
(明治期に東照宮から東照社に改名したのにも理由があるんでしょうね)



mini_7767_kami_20180722_113157.jpg
⑦摂社・末社のオンパレード
お参りするする人は見当たりませんが、
それぞれに、ひとつひとつの社が立派でございます。



mini_7768_kami_P7228656.jpg
⑧駐車場への道
参集殿で「バスで麓へ降りることができる」との情報を得て、
バス停を探しつつ、ご本殿方面を振り返りながら、
羽黒山三神合祭殿での最後の写真を撮った次第です。



mini_7769_kami_P7228659.jpg
⑨ふもとまでのバス 600円
バス停にはすでにバスが待っていたわけですが、
少し茶店で喉を潤してから乗車。
「いでは記念博物館前(随身門前)」までの乗車。
レンタカーを停めた場所へ、らくちん乗車。

バス・ヘッドの広告によれば
東京まで行くバスがあるんだ(ま、当然か・・)

☆撮影日:2018年7月22日(日)・・・山形県鶴岡市
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kurozowosan

Author:kurozowosan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
くろさんカウンタ
現在のアクセス
現在の閲覧者数:
時計
リラックマ時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード