FC2ブログ

ハマユウ その実

mini_5581_hamayu_P8059245.jpg
mini_5582_hamayu_P8059261.jpg
mini_5583_hamayu_P8059184.jpg
mini_5584_hamayu_P8059185.jpg
◆ハマユウ
Wikipedia先生によれば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ハマユウ(浜木綿、学名: Crinum asiaticum)はヒガンバナ科の多年草。(クロンキスト体系ではユリ科)。花の様子は、コウゾなどの樹皮を細く裂いて作った繊維から作った布と似ており、神道神事で用いられる白い布をゆう(ゆふ)と呼ぶ。別名のハマオモトは、肉厚で長い葉がオモト(万年青)に似ることから。

水はけが良く日あたりの良い場所を好み、主に温暖な海浜で見られる(海浜植物)。道ばたや公園、庭に植えられることもある。日本に自生するのは亜種 C. a. var. japonicum (Baker)。宮崎県の県花となっている。

ヒガンバナ科の中でもヒガンバナ属(Lycoris)に縁が近く、ヒガンバナと同じリコリンというアルカロイドを、特に偽茎に多く含み、食べると吐き気や下痢を催す。

受粉が成立すると、花被筒と融合した子房が肥大して歪な球形の果実となり、熟すと裂開して丸くコルク質の厚い種皮に覆われた種子を数個落とす。この種子は海上を何ヶ月も生きたまま漂流する能力があり、海流によって現在の分布域に広がったと考えられている。種子は水がなくても発芽し、机の上などに放置した状態で発芽するのを観察できる。自然状態では海岸に漂着してから潮上帯の砂や砂礫の上で発芽し、雨が降って周囲に水が供給されたときに速やかに根を伸ばすものと考えられている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ヒガンバナの仲間だから、毒があるんだな・・。
茎のあたりが、結構、やばいらしい・・

もうひとつ、面白いのは、種。
発芽に、水が必要なし! 机の上でも、発芽を観察できるってのが、すばらしい!
ただし、その前に、いちど、厳しい環境に置かないとあかんようです。(寒さとか^^)

☆撮影日:2018年8月5日(日)・・・鹿児島市・指宿市
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kurozowosan

Author:kurozowosan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
くろさんカウンタ
現在のアクセス
現在の閲覧者数:
時計
リラックマ時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード