FC2ブログ

【国の重要文化財】 内外大神宮(ないげだいじんぐう)

mini_6651_naige_20180910_130736.jpg
①【国の重要文化財】内外両本殿 附内宮御門・外宮御門

茨城県筑西市の「内外大神宮(ないげだいじんぐう)」参拝してまいりました。
建物として、国の重要文化財でございます。
「正当な神明造本殿を二棟を並立させる社殿形式として我が国で現存する最古のもの」
ってことで、国指定重文。

内外大神宮(ないげだいじんぐう)
Wikipedia先生によれば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
内外大神宮(ないげだいじんぐう)は茨城県筑西市にある神社。伝承によると継体天皇年間創建。社伝によると大同元年(806年)社殿造営と伝わる。地元では「おしめさま(神明さま)」とも呼ばれ、親しまれている。神紋は三つ巴。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




mini_6652_naige_20180910_130548.jpg
②外宮
Wikipedia先生によれば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
両本殿ともに桁行三間、梁間二間の本格的な三間社神明造茅葺(銅板仮葺)であるが、外宮はすべてにおいて内宮より規模を減じている。両本殿の建立は、内宮本殿の板戸金具刻銘および内部壁板墨書により、延宝7年(1679年)に地元の大工によって建立されたことが分かっている。正当な神明造本殿を二棟を並立させる社殿形式として我が国で現存する最古のものであり、重要である。元々は茅葺であったが、昭和50年代に保護のため銅板葺となった。 また、両本殿の御門も保存されており、伊勢神宮御厨に勧請された神明社の、近世における社頭構成を伝える点においても価値が高いとされ、重要文化財(国指定)に指定されている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




mini_6653_naige_20180910_130608.jpg
③内宮



mini_6654_naige_20180910_130628.jpg
④内外両本殿 背面



mini_6655_naige_20180910_130436.jpg
⑤【国の重要文化財】御遷殿と覆屋
Wikipedia先生によれば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
御遷殿:
本殿の建替えや修復時などに御祭神を一時移しするために使用された仮宮である。一間社流造茅葺で、向拝柱および方柱の大面取、海老虹梁の袖切などの細部手法や全体の形式は、室町時代の古様をとどめている。 扉金具刻銘「祈迎 厚木大和守 同柳町源右衛門 元亀5年 甲戌2月吉日 敬白」により、天正2年(1574年)の建立と分かり、室町時代の建築として重要であるとして、重要文化財(国指定)に指定されている。なお、現在は保護のため全体が覆屋で覆われている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

古い社殿形式を現代まで正確に伝える文化財でございます。
どなたも参拝客はいらっしゃらなかったわけで、すんなりお参りできました。
しかしながら、少し寂しい気も・・。
なかなか、情報発信がうまいことできていないことや、
草刈りを含めて、周囲の環境保全がなかなかできないことが
観光には結び付きにくいのかと思いました。

★撮影日:2018年9月10日(月)・・・茨城県筑西市
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kurozowosan

Author:kurozowosan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
くろさんカウンタ
現在のアクセス
現在の閲覧者数:
時計
リラックマ時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード