FC2ブログ

両国駅下車、すみだ北斎美術館へ

mini_5511_ryougoku_20181013_121734.jpg
①両国駅下車、すみだ北斎美術館へ

NHK・BSの『偉人たちの健康診断』を見た後、
すみだ北斎美術館へ行ってまいりました。
企画展「北斎の橋 すみだの橋」を見て、
橋オタを自称する紅林章央さん(東京都職員・橋梁構造専門課長)
の講演「隅田川 橋の歴史~明治から現代まで~」を聞いてきました。

両国駅を降りて、まずは南側へ出て、
横綱横丁あたりで軽く腹ごしらえ。




mini_5512_hokusai_20181013_124718.jpg
②すみだ北斎美術館
東に向かい、線路を北へくぐって、
しばし北斎通り?を歩いて、
下町の公園の向こうに立つ
「すみだ北斎美術館」。





mini_5513_kanagawa_20181013_132308.jpg
③神奈川沖浪裏@すみだ北斎美術館

常設展には、おなじみの神奈川沖浪裏。
先日のテレビ放送では、
波野伊八さんの彫刻が影響を与えたと言ってました。
NHK・BSの『偉人たちの健康診断』の映像で
本物の伊八作の欄間彫刻を見て、納得いたしました。





mini_5514_akahuji_20181013_132318.jpg
④凱風快晴@すみだ北斎美術館

いわゆる赤富士ですよね。
説明はいらんでしょう!





mini_5516_hietu_20181013_132533.jpg
⑤飛越の堺つりはし@すみだ北斎美術館
すみだ北斎美術館のHP解説によれば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
飛越ひえつの堺とは現在でいう岐阜県と富山県の間です。本シリーズには現存する橋も描かれていますが、この橋は特定できません。橋の下には雲が湧き鳥が飛んでいるので、かなりの高所に吊り橋を渡しているのでしょう。空には雁、山にはつがいの鹿が見えることから、秋の情景と分かります。橋を行く2人の重みで橋がたわんでいますが、頭上に柴を置いて運ぶ女性は、手に風呂敷包みを提げ、荷を負う男性とともに絶妙なバランスで吊り橋を渡っています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





mini_5517_hietu_20181013_155505.jpg
⑥飛越の堺つりはし@すみだ北斎美術館

記念写真が撮れるように、
大きな写真パネルがエレベーターホールに設置されてました。
モデルさんが先にエレベーターに乗ってしまいましたので、
人物なしで、撮影しました。(合成するか^^)





mini_5518_hokusai_20181013_132630.jpg
⑦葛飾北斎と葛飾応為(三女)@すみだ北斎美術館

アトリエの再現です。
こりゃ、一枚の絵を参考に作ってあるんだな・・。
人形は、ほぼ3分おきに動いて、絵をかいてます^^





mini_5519_hokusai_20181013_132704.jpg
⑧葛飾北斎と葛飾応為(三女)@すみだ北斎美術館

娘の応為(お栄さん)さんも一緒です。
Wikipedia先生によれば、
北斎が娘を呼ぶとき「お~い!」と言っていたので「応為」になったとか?
真偽はともかく、この逸話から、名前は覚えやすいですね^^

イメージ的には、宮崎あおいさんの映画がちらつき、
もう少し、かわいくしたらどうかな!?と思うんですが、
どうでしょう!

★撮影日:2018年10月13日(土)・・・・東京都墨田区
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kurozowosan

Author:kurozowosan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
くろさんカウンタ
現在のアクセス
現在の閲覧者数:
時計
リラックマ時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード