FC2ブログ

トウワタ (アスクレピアス) ほか

mini_6671_touwata_20181112_074749.jpg
①トウワタ (アスクレピアス)

11月に撮った花の写真で、名前があやふやだった花。
ネット検索で、とりあえず、判明しましたので、メモしておきましょう!
持ち主の方にも連絡しておかねばなりません・・。
あ、英名は、アスクレピアス、「明日くれ!ピアス!」と覚えるそうです^^w!

Wikipedia先生によれば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
トウワタ(唐綿、学名: Asclepias curassavica)はキョウチクトウ科(旧分類ではガガイモ科)の多年草。原産地は南アメリカ。寒さに弱いため、日本では一年草として栽培される。1842年(天保13年)に渡来したとされ、和名は種子の冠毛に由来する。
草丈はおよそ1mに達する。葉は披針形で対生に付く。花期は夏から秋。花は赤い花弁に黄色または橙色の副花冠を有する。シルキーゴールドと呼ばれる黄花品種もある。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆撮影日:2018年11月12日(月)・・・千葉県鴨川市




mini_6672_touwata_20181112_074742.jpg
②トウワタ

キョウチクトウの仲間で、茎を切った時の白い樹液は毒なので、被れる心配もありそうで、このへんの周辺情報も伝えておかねばなりません^^

北米原産で、アサギマダラに似た大型蝶オオカバマダラの食草でもあるんで、
アメリカから蝶が渡りをしてきたときに役立ちそうです^^

☆撮影日:2018年11月12日(月)・・・千葉県鴨川市





mini_6673_20050811_husentowata_DSCF0020.jpg
③フウセントウワタ(再掲)

トウワタときいて、フウセントウワタを思い浮かべましたが、
属がちがうようです。
実の形状なんか、なんとなく、似てますな・・。

昔の写真、いいかんじに撮れてます。
アシナガバチはおまけ。

☆撮影日:2005年8月11日・・・松戸市





mini_6674_20051030_husentowata_image2826148.jpg
④フウセントウワタ(再掲)

こっちは、種の状態がよくわかります。
このあと、風に吹かれてどこかに運ばれていくんだと思います。

☆撮影日:2005年10月30日・・・松戸市





mini_6675_20160615_nigera_P6150039.jpg
⑤ニゲラ(再掲)

トウワタつながりで、検索していて、
ニゲラの実の写真も見つけました。
実の写真は似ていますが、花は全く似ていません・・。
ま、参考に載せておきましょう^^

☆撮影日:2016年6月15日・・・松戸市
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kurozowosan

Author:kurozowosan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
くろさんカウンタ
現在のアクセス
現在の閲覧者数:
時計
リラックマ時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード