FC2ブログ

【再掲写真シリーズ】福島の春景色

mini_4491_yukiusagi_P4086912.jpg
①福島の春景色

春の福島市へ、今年も行く予定です。
写真は、去年の4月8日、吾妻小富士の雪ウサギ、
これは、何度も使いまわしています。



mini_4492_adumayama_P4086762.jpg
②福島の春景色

同じく、桜の名所、花見山からの吾妻小富士の写真。
春がすみの向こうに、少し角度を変えて、
雪ウサギが何とかわかります。





mini_4493_sinobuyama_P4086834.jpg
③福島の春景色

花々の向こうに見えるのは、
福島盆地のど真ん中にある信夫山の姿。
西側半分が見えてる感じです。





mini_4494_sakura_P4086794.jpg
④福島の春景色

桜の咲き具合、早いですね~^^
まあ、去年の写真なんですが、この分では、
今年も、早いこと、咲き始めるでしょう・・・。
3月末に訪問する予定なんですが、全然、早過ぎることなく、
結構、見ごろなんじゃないかって、思うくらいであります。





mini_4495_sakura_P4086786.jpg
⑤福島の春景色

黄色い花は、山茱萸??
もう終わってるんですよね・・。
レンギョウの黄色が真っ盛りだったと記憶してます。





mini_4496_map_P4086752.jpg
⑥福島の春景色

花見山の桜のメインは、コヒガンザクラ。
ソメイヨシノではないんです。
このポイントを間違えると、痛い目にあいます。





mini_4497_hana_P4086749.jpg
⑦福島の春景色

花のプレゼントは嬉しいものの、
もらって帰るのは、帰りの道中を考える、厳しい・・。





mini_4498_hanamiyama_P4086768.jpg
⑧福島の春景色

何度も書きますが、こういう看板は大事にしたい・・。
ぴっちぴっちのモデルさんが、ほしいところであります。





mini_4499_hanami_P4086880.jpg
⑨福島の春景色

看板写真の使い方、もう少し考えましょう!!
・青空を背景にすること。
・メインの花を添えること。
・作りこみもいとわないこと!!

☆撮影日:2018年4月8日(日)・・・福島市
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

 昨年4月7日は福島でかぐや姫と風の合同(ひめ風)のがコンサートがあった日です。盟友しかしさんの誕生日であり、4人集まってお祝いをしました。私の企画は忙しいことで有名ですが、翌日の福島花見山散策、さらには郡山メヒコで森泉さん(激似)の方にもお祝いして貰ったのはまだ記憶に新しいかと思います。
花見山は40年前のあの頃から既にあったようです。持ち主の故阿部一郎さんが、せっせと作り上げて来られました。初めて訪れたときは平安絵巻を見るようなのどかで華やかでありました。今も規模をどんどん拡大して成長を遂げています。ルートもたくさん出来て見方も色々変えられるので何度行っても飽きません。シーズンも毎週行っても咲く花が刻々と変わっていくので面白いです。3週連続通った事もありましたし、夕方出掛けて行ったこともありました。光線の当たり方も違えばまた違って見えます。比較的早い時期に山の北側に桜のトンネルが見られます。日向ミズキ、サンシュユなどのコラボもあって楽しいです。誰にも教えたくない穴場もあってそこは大好きな場所、いつもカメラマンで混雑しています。

 福島の花見と言えば昔から『信夫山』と相場が決まっておりましたが、今は『花見山』がほとんどです。たまに信夫山を訪れてみますがどこか40年の時の流れが感じられ、胸が熱くなります。これは花見山にはないところです。

No title

前述のコメント、私ダキでした。

Re: No title

ダキさんへ>

なかなか、自分のイメージと一致した写真は撮れません・・。
なんども通うしかなさそうです。今年の撮影旅行、どうなりますか^^
ま、また結果はブログ上でもお知らせいたします。



>  昨年4月7日は福島でかぐや姫と風の合同(ひめ風)のがコンサートがあった日です。盟友しかしさんの誕生日であり、4人集まってお祝いをしました。私の企画は忙しいことで有名ですが、翌日の福島花見山散策、さらには郡山メヒコで森泉さん(激似)の方にもお祝いして貰ったのはまだ記憶に新しいかと思います。
> 花見山は40年前のあの頃から既にあったようです。持ち主の故阿部一郎さんが、せっせと作り上げて来られました。初めて訪れたときは平安絵巻を見るようなのどかで華やかでありました。今も規模をどんどん拡大して成長を遂げています。ルートもたくさん出来て見方も色々変えられるので何度行っても飽きません。シーズンも毎週行っても咲く花が刻々と変わっていくので面白いです。3週連続通った事もありましたし、夕方出掛けて行ったこともありました。光線の当たり方も違えばまた違って見えます。比較的早い時期に山の北側に桜のトンネルが見られます。日向ミズキ、サンシュユなどのコラボもあって楽しいです。誰にも教えたくない穴場もあってそこは大好きな場所、いつもカメラマンで混雑しています。
>
>  福島の花見と言えば昔から『信夫山』と相場が決まっておりましたが、今は『花見山』がほとんどです。たまに信夫山を訪れてみますがどこか40年の時の流れが感じられ、胸が熱くなります。これは花見山にはないところです。
プロフィール

kurozowosan

Author:kurozowosan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
くろさんカウンタ
現在のアクセス
現在の閲覧者数:
時計
リラックマ時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード