FC2ブログ

松山城

mini_11_matuyama_20191119-417A0818-resize.jpg
①松山城 

日本百名城でございます。
現存12天守でございます。
よしあきくんでございます。

Wikipedia先生によれば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
松山城(まつやまじょう)は、愛媛県松山市にあった日本の城。別名 金亀城(きんきじょう)、勝山城(かつやまじょう)。各地の松山城と区別するため「伊予松山城」と呼ばれることもあるが、一般的に「松山城」は本城を指すことが多い[注釈 2]。現在は、城跡の主要部分が公園として整備され、大天守(現存12天守の1つ)を含む21棟の現存建造物が国の重要文化財に、城郭遺構が国の史跡に指定されている。そのほか、連立式天守群の小天守以下5棟をはじめとする22棟(塀を含む)が木造で復元されている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




mini_12_matu_20191119-417A0830-resize.jpg
②松山城 

日本三大連立式平山城のひとつでございます。内訳は、
姫路城(兵庫県姫路市)、松山城(愛媛県松山市)、和歌山城(和歌山県和歌山市)。
なるほど、そういう切り口もあるのか・・・。

Wikipedia先生によれば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
松山市の中心部、勝山(城山)山頂に本丸、西南麓に二之丸と三之丸を構える平山城である。日本三大平山城にも数えられる。山頂の本壇にある天守(大天守)は、日本の12箇所に現存する天守の一つである。この中では、姫路城と同じく、連立式で、日本三大連立式平山城の1つにも数えられる。1933年ごろまでは、本丸部分には40棟の建造物が現存していたが、1949年までに19棟が火災により失われ、現存建築は21棟にまで減少した。建造物の現存数は二条城(京都府)の28棟に次ぐものである。

幕末に再建された大天守ほか、日本で現存数の少ない望楼型二重櫓である野原櫓(騎馬櫓)や、深さ44メートルにおよぶ本丸の井戸などが保存されている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




mini_13_matu_20191119-417A0860-resize.jpg
③松山城 

Wikipedia先生によれば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
山頂に本丸、南西麓に二之丸、続いて三之丸。北麓には北曲輪、南東麓に東曲輪がある。三之丸は比高6メートルほどの土塁で囲み、北と東に石垣造の虎口を開く。本丸から二之丸にかけて登り石垣を築いて囲み、丘陵斜面からの大手城道への侵入を防ぐ構造としている。山頂の本丸北部には本壇という天守曲輪を持ち、大天守と小天守・南隅櫓・北隅櫓を3棟の渡櫓(廊下)で連結し連立式天守をなしている。松山城の中枢は二の丸で、藩主の生活の場である御殿や庭園、茶室などがあった。三の丸には身分の高い家来の屋敷が建ち並んでいた。本丸は主に倉庫として使われていた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




mini_14_matu_20191119-417A0871-resize.jpg
④松山城


mini_15_matu_20191119-417A0959-resize.jpg
⑤松山城 

天守からの眺め、
サクラの紅葉は少しインチキでございます^^w




mini_16_matu_20191119-417A0893-resize.jpg
⑥松山城 

天守からの眺め、
サクラの紅葉は少しインチキでございます^^w




mini_17_matu_20191119-417A0988-resize.jpg
⑦松山城 




mini_18_matu_20191119-417A1011-resize.jpg
⑧松山城 

サクラの紅葉は少しインチキでございます^^w




mini_19_matu_20191119-417A1033-resize.jpg
⑨松山城 

サクラの紅葉は少しインチキでございます^^w

☆撮影日:2019年11月19日(火)…愛媛県松山市
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kurozowosan

Author:kurozowosan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
くろさんカウンタ
現在のアクセス
現在の閲覧者数:
時計
リラックマ時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード